お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-08 15:45
特異摂動系におけるアヒル解の収束・発散ダイナミクスと数値計算精度の関係
児玉貴大土居伸二京大NLP2013-36
抄録 (和) 特異摂動系には,アヒル解と呼ばれる固有の非線形振動現象が発生する.アヒル解とは,解軌道がnullclineに漸近する領域(安定な領域) とnullcline から遠ざかる領域(不安定な領域) の両方を通過する周期解であり,ホップ分岐近傍で観測される.本研究では,アヒル解の数値計算結果に現れる,理論的にあり得ないおかしな(カオス的な)解軌道の解析を行う.これまでに,数値計算における変数の丸め誤差がそのようなカオス的な解軌道の発生原因であることが示されている.本稿では,アヒル解の安定な領域での収束と不安定な領域での発散のダイナミクスを近似計算し,数値計算精度との関係を定量的に調べる. 
(英) In the singularly perturbed system, there are characteristic nonlinear oscillations called canards. Canards are periodic orbits which follow both the attracting and repelling parts of a nullcline. In this study, we analyze the theoretically impossible (chaotic) orbits appeared in numerical computation of canards. It has been shown that the lack of precision in numerical computations generates such theoretically impossible orbits. In this paper, we approximately calculate the attracting and repelling dynamics and quantitatively study the relationship between the precision of numerical computation and these dynamics.
キーワード (和) 特異摂動系 / アヒル解 / 漸近解析 / 高精度計算ライブラリ / 収束・発散ダイナミクス / / /  
(英) Singularly Perturbed System / Canard Solution / Asymptotic Analysis / High Precision Computation Library / Attracting and Repelling Dynamics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 116, NLP2013-36, pp. 53-58, 2013年7月.
資料番号 NLP2013-36 
発行日 2013-07-01 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2013-36

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2013-07-08 - 2013-07-09 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英) Miyako Island Marine Terminal 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 特異摂動系におけるアヒル解の収束・発散ダイナミクスと数値計算精度の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between the attracting and repelling dynamics of canards and the precision of numerical computation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 特異摂動系 / Singularly Perturbed System  
キーワード(2)(和/英) アヒル解 / Canard Solution  
キーワード(3)(和/英) 漸近解析 / Asymptotic Analysis  
キーワード(4)(和/英) 高精度計算ライブラリ / High Precision Computation Library  
キーワード(5)(和/英) 収束・発散ダイナミクス / Attracting and Repelling Dynamics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 貴大 / Takahiro Kodama / コダマ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土居 伸二 / Shinji Doi / ドイ シンジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-08 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2013-36 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.116 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2013-07-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会