お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-05 15:50
1-GHz, 8-bitサブレンジング型AD変換器(2) ~ 評価結果と不良解析 ~
吉村 渉岩元雅太郎下薗 太田平大基大畠賢一鹿児島大ICD2013-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-41
抄録 (和) 抵抗ラダーを使用しない極低電力AD変換器のアーキテクチャ、低電力閾値調整回路、オフセットドリフト補償などの技術を適用した8 bitサブレンジング型AD変換器を65 nm CMOS技術で試作した。評価の結果、入力レンジの端で伝達特性がずれており、大きな誤差が発生していることがわかった。解析の結果、容量DACにおけるMOM容量のミスマッチが原因であることを明らかにした。また、誤差の小さい入力レンジの中央部に限定して評価を行った結果、SNDR = 41.8 dB, FOM = 61 fJ/conv.-stepの性能が得られた。さらに、60℃の温度変化でもオフセットドリフトによる誤差の増加を0.3 LSBに抑えられることも確認できた。 
(英) An 8-bit subranging AD converter was fabricated by 65-nm CMOS technology featuring an ultra-low-power AD converter architecture without resistor ladder, a low-power offset adjust circuit and an offset drift compensation technique. As a result of evaluating the test chip, it was turned out that the transmission characteristics deviated from the designed value at both ends of the input range. The failure analysis clarified that the mismatch of the MOM capacitor in the capacitive DAC degraded the transmission characteristics. Moreover, SNDR of 41.8 dB and FOM of 61 fJ/conv.-step were obtained when the input signal was limited to the center region of the input range. It was also confirmed that the error due to the offset drift can be reduced to 0.3 LSB even when the temperature changed by 60°C.
キーワード (和) AD変換器 / サブレンジング型 / フォアグラウンドキャリブレーション / ドリフト補償 / / / /  
(英) AD converter / Subranging / Foreground calibration / Drift compensation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 112, ICD2013-41, pp. 107-112, 2013年7月.
資料番号 ICD2013-41 
発行日 2013-06-27 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2013-41 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-41

研究会情報
研究会 ICD ITE-IST  
開催期間 2013-07-04 - 2013-07-05 
開催地(和) サン・リフレ函館 
開催地(英) San Refre Hakodate 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface Circuitry 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2013-07-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1-GHz, 8-bitサブレンジング型AD変換器(2) 
サブタイトル(和) 評価結果と不良解析 
タイトル(英) 1-GHz, 8-bit Subranging ADC(2) 
サブタイトル(英) Experimental results and failure analysis 
キーワード(1)(和/英) AD変換器 / AD converter  
キーワード(2)(和/英) サブレンジング型 / Subranging  
キーワード(3)(和/英) フォアグラウンドキャリブレーション / Foreground calibration  
キーワード(4)(和/英) ドリフト補償 / Drift compensation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 渉 / Wataru Yoshimura / ヨシムラ ワタル
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩元 雅太郎 / Masataro Iwamoto / イワモト マサタロウ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 下薗 太 / Futoshi Shimozono / シモゾノ フトシ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田平 大基 / Daiki Tabira / タビラ ダイキ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大畠 賢一 / Kenichi Ohhata / オオハタ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-05 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2013-41 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2013-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会