電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-05 08:50
MIMO伝送を利用したCollision detection ~ 多重伝送とアグリゲーションによるスループット特性/伝送効率の評価 ~
森野善明平栗健史日本工大)・西森健太郎川原理彰堅岡良知新潟大)・大田健紘吉野秀明日本工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LAN などでは,高速伝送を実現する手段としてMultiple input multiple output(MIMO)伝送技術が近年注目を集めている.しかし,MIMO伝送技術により,Physical(PHY) 層で高い伝送速度が得られても,Medium access control (MAC)層では,帯域利用効率が非常に低いため,実効スループットが低下する課題がある.この課題を解決するために,衝突検知技術による新しいアクセス制御技術を提案した.この提案方式は,MIMO伝送のフレーム構成を利用し,衝突/干渉を検出するとともに即座に再送制御を行うことができる.また,先行研究において,提案方式の基礎評価を行い,伝送効率が大幅に向上する効果が得られることを確認した.
本論文では,MIMOによる空間多重伝送を用いたスループット特性および伝送効率の詳細な評価を行い,提案方式のより高い実現性について確認したので報告する.また,無線LAN の標準規格IEEE802.11nで採用されているパケットアグリゲーション(A-MPDU)を利用した際のスループット特性および伝送効率についても確認した. 
(英) MIMO transmission technology has been used in order to achieve high-speed transmission such as a wireless LAN in recent years. However, the transmission efficiency will be degraded on over MAC layer level though
high transmission link rate is achieved at the PHY layer. Collision detection utilizing MIMO transmission was proposed in order to overcome this issue. This proposed scheme use MIMO frame configuration, and this scheme will perform retransmission Collision immediately after collision detection.
In this paper, throughput characteristics and transmission efficiency were evaluated in case of the space-division multiple access and the packets aggregation (A-MPDU) in IEEE802.11n standard.
キーワード (和) 無線LAN / 衝突検知 / MIMO / / / / /  
(英) Wireless LAN / Collision detection / MIMO / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 114, CS2013-22, pp. 77-82, 2013年7月.
資料番号 CS2013-22 
発行日 2013-06-27 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2013-07-04 - 2013-07-05 
開催地(和) 複合型公共施設(与那国島) 
開催地(英) Fukugogata-Kokyo-Shisetsu (Yonaguni Island) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next Generation Networks, Access Network, Broadband Access System, Power-Line Communications, Wireless Communication System, Coding System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2013-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO伝送を利用したCollision detection 
サブタイトル(和) 多重伝送とアグリゲーションによるスループット特性/伝送効率の評価 
タイトル(英) Collision detection utilizing MIMO transmission 
サブタイトル(英) Evaluation of throughput and transmission efficiency with multiple data streams and frame aggregation 
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 衝突検知 / Collision detection  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森野 善明 / Yoshiaki Morino / モリノ ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri / ヒラグリ タケフミ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 理彰 / Masaaki Kawahara / カワハラ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 堅岡 良知 / Ryochi Kataoka / カタオカ リョウチ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 健紘 / Kenko Ota / オオタ ケンコウ
第6著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 秀明 / Hideaki Yoshino / ヨシノ ヒデアキ
第7著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-05 08:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-22 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2013-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会