電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-05 16:25
最適オンオフ制御を用いた磁界結合パルス通信用間欠動作LNA
徐 照男小平 薫浦野雄貴黒田忠広石黒仁揮慶大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-42
抄録 (和) この論文は磁界結合パルス通信で用いるための低消費電力なLNAについて述べている.消費電力を削減するために,パルス信号が現れる瞬間にのみLNAを起動する間欠動作制御を用いている.パルス幅検出器を用いてPVTバラツキを補償し,LNAの起動時間を最適制御している.試作チップは65nm CMOSプロセスが使われ,チップ面積は0.06mm2,動作可能な周波数は60-400Mbpsである.また消費電力は電源電圧0.7V,データレート400Mbpsの時において0.42mWであり,従来よりも37%の削減を達成している. 
(英) This paper presents a low-power LNA for a inductive-coupling tranceiver. Intermittently operating technique to turn on LNA only at the moment when the pulse signal appears is used to reduce power consumption. To optimally control the On-time of LNA, pulse width detector based on self-oversampling TDC is used and compensates the PVT variations of On-time witdh and of pulse signal width. The fabricated test chip in 65nm CMOS occupies 0.06mm2 and achieved the intermittently operating frequency at the range from 60 to 400Mbps. The power consumption is 0.42mWm at 400Mbps and the supply voltage of 0.7V which corresponds to 37% power reduction from the power consumption without optimal On-Time Controller.
キーワード (和) 磁界結合 / 低雑音増幅器 / 近接通信 / 間欠動作 / パルス幅検出器 / TDC / /  
(英) Inductive-coupling / Low Noise Amplifier / Proximity communication / Intermittent operation / Pulse width detector / TDC / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 112, ICD2013-42, pp. 113-118, 2013年7月.
資料番号 ICD2013-42 
発行日 2013-06-27 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ICD ITE-IST  
開催期間 2013-07-04 - 2013-07-05 
開催地(和) サン・リフレ函館 
開催地(英) San Refre Hakodate 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface Circuitry 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2013-07-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最適オンオフ制御を用いた磁界結合パルス通信用間欠動作LNA 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Intermittently Operating LNA with Optimal On-Off Controller for Pulse-Based Inductive-Coupling Transceiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 磁界結合 / Inductive-coupling  
キーワード(2)(和/英) 低雑音増幅器 / Low Noise Amplifier  
キーワード(3)(和/英) 近接通信 / Proximity communication  
キーワード(4)(和/英) 間欠動作 / Intermittent operation  
キーワード(5)(和/英) パルス幅検出器 / Pulse width detector  
キーワード(6)(和/英) TDC / TDC  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徐 照男 / Teruo Jyo / ジョ テルオ
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小平 薫 / Kaoru Kohira / コヒラ カオル
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦野 雄貴 / Yuki Urano / ウラノ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 忠広 / Tadahiro Kuroda / クロダ タダヒロ
第4著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 仁揮 / Hiroki Ishikuro / イシクロ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-05 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2013-42 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2013-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会