電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-04 16:20
[特別招待講演]小規模離島におけるブロードバンドの整備と利活用
升屋正人鹿児島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 3つの有人離島からなる三島村と,7つの有人離島からなる十島村では,ブロードバンドの整備が遅れていたが,最近になってようやく公設公営方式によるサービスが開始された.三島村では本土と結ぶ海底ケーブルを敷設し,島内は簡易埋設FTTH方式による整備が行われた.十島村では通信事業者の専用回線サービスで本土と結び,島内はFWA方式による整備が行われた.これにより,三島村と十島村では全世帯でブロードバンドサービスを利用できるようになった. 
(英) Government financed and managed broadband access services have been finally started at three islands in Mishima village and seven islands in Toshima village. Those are long-awaited services. In Mishima, submarine cables were newly laid and easily buried FTTH cables have been used in each islands. In Toshima, a leased circuit service has been adopted for backbone network and fixed wireless access systems have been deployed for access lines. Now, broadband Internet access services are able to be provided to every household in Mishima and Toshima.
キーワード (和) ブロードバンド / FTTH / FWA / 情報基盤整備 / 離島 / / /  
(英) broadband / FTTH / FWA / ICT infrastructure development / isolate islands / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 114, CS2013-20, pp. 69-74, 2013年7月.
資料番号 CS2013-20 
発行日 2013-06-27 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2013-07-04 - 2013-07-05 
開催地(和) 複合型公共施設(与那国島) 
開催地(英) Fukugogata-Kokyo-Shisetsu (Yonaguni Island) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next Generation Networks, Access Network, Broadband Access System, Power-Line Communications, Wireless Communication System, Coding System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2013-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小規模離島におけるブロードバンドの整備と利活用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Utilization of Broadband Infrastructure on Small Isolate Islands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロードバンド / broadband  
キーワード(2)(和/英) FTTH / FTTH  
キーワード(3)(和/英) FWA / FWA  
キーワード(4)(和/英) 情報基盤整備 / ICT infrastructure development  
キーワード(5)(和/英) 離島 / isolate islands  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 升屋 正人 / Masato Masuya / マスヤ マサト
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-04 16:20:00 
発表時間 45 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-20 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2013-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会