電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-04 09:50
MMTを利用したNSCW伝送方式の検討
仲地孝之外村喜秀藤井竜也NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 先に著者らは、超高精細映像の伝送符号化に関わる様々な技術を基に、デジタルシネマ、4K-ODS配信、4Kマルチテレプレゼンスなどの具体的なアプリケーションへの応用を進めてきた。現在、これらの技術をさらに発展させて、ネットワークを介した高度な遠隔協調作業NSCW (Network Supported Collaborative Work)環境の構築と、その大規模コンテンツ作成への応用を検討している。一方、ISO/IEC動画像国際標準MPEGでは、ヘテロジニアス環境(異種標準の混在環境)に対応する新しいビット・ストリーム多重化方式として、MMT(MPEG Media Transport、MPEGメディア転送プロトコル)の標準化が進んでいる。本稿では、NSCWのコンセプトについて述べるとともに、MMTがNSCWが要求する機能を実現するのに適していることを述べ、MMTを利用したNSCWの伝送方式を提案する。 
(英) NTT network innovation laboratories have developed 4K quality video coding/transmission technologies and these application to Digital Cinema, 4K-ODS and 4K tele-presence. Based on the extra-high quality 4K technologies, we are trying to develop so-called Network Supported Collaborative Work (NSCW) technologies to realize effective remote-collaboration for business workspaces. On the other hand, the MPEG Media Transport (MMT) is being developed as part 1 of ISO/IEC 23008, in heterogeneous environments. MMT specifies technologies for the delivery of coded media data for multimedia services over concatenation of heterogeneous packet based network segments including bidirectional IP networks and unidirectional digital broadcasting networks.
キーワード (和) 遠隔協調型作業 / MMT / 国際標準 / ヘテロジニアス環境 / メディア配信 / レイヤード配信 / /  
(英) NSCW / MMT / International Standard / Heterogeneous Network / Media Transmission / Layered Transmission / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 114, CS2013-10, pp. 15-20, 2013年7月.
資料番号 CS2013-10 
発行日 2013-06-27 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2013-07-04 - 2013-07-05 
開催地(和) 複合型公共施設(与那国島) 
開催地(英) Fukugogata-Kokyo-Shisetsu (Yonaguni Island) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next Generation Networks, Access Network, Broadband Access System, Power-Line Communications, Wireless Communication System, Coding System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2013-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MMTを利用したNSCW伝送方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Using MPEG Media Transport for Network Supported Collaborative Work 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔協調型作業 / NSCW  
キーワード(2)(和/英) MMT / MMT  
キーワード(3)(和/英) 国際標準 / International Standard  
キーワード(4)(和/英) ヘテロジニアス環境 / Heterogeneous Network  
キーワード(5)(和/英) メディア配信 / Media Transmission  
キーワード(6)(和/英) レイヤード配信 / Layered Transmission  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲地 孝之 / Takayuki Nakachi / ナカチ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 外村 喜秀 / Yoshihide Tonomura / トノムラ ヨシヒデ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 竜也 / Tatsuya Fujii / フジイ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-04 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-10 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2013-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会