電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-04 14:00
[招待講演]kHz帯PLC用N-PE伝送方式の実地試験結果
吉澤幸晃都築伸二山田芳郎愛媛大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 従来のkHz 帯PLC (電力線通信) の信号伝送方式では, Neutral (N) 線とLive (L) 線との間に信号電圧を印加する(N-L 伝送と呼ぶ) ため, 同じ電力線間に並列接続された電気機器の影響を受けて, 受信SNR が劣化する. そこで, 筆者らはN 線とL 線の代わりにProtective Earth (PE) 線を用いるN-PE 方式を提案してきた. 本稿では, 通信相手のコンセントが異なる幹線に接続されている場合, 及び日本と異なる接地方式の場合について測定を行った結果が述べられている. 幹線が異なる場合では, 提案方式によって信号減衰は24dB 低減されるものの, PLC モデムにて通信をするためにはさらに21dB 以上改善する必要があることが示されている. また, TT(日本), 及びTN-S(ハワイ) 接地方式で提案方式の有用性が確認できたことが述べられている. また, 以前測定した同一幹線に接続されている場合の結果についても整理しなおして, 提案方式の特徴及び今後の課題について述べている. 
(英) Signal attenuation is a serious problem of the conventional Narrowband Power-line Communication (NB-PLC) system, which has used neutral and live (N-L) lines. To solve this problem, a new signal transmission system using neutral and protective earth (N-PE) lines has been proposed by the authors, and it had been shown that the system worked well at outlets connected to the same trunk cable. In this paper, the proposed system has been applied to two power-line environments. One was an environment where outlets were connected to different trunk cables. It has been shown that the proposed system achieved 24dB improvement of the attenuation. Another environment was an earth system used in Hawaii which is called TN-S system. It has been shown that the proposed system worked effectively also under the TN-S system.
キーワード (和) 狭帯域電力線通信 / スマートメータ / ディファレンシャルモード伝送方式 / コモンモード伝送方式 / 接地方式 / / /  
(英) Narrowband Power-line Communication (NB-PLC) / Smart Meter / Differential-mode Transmission System / Common-mode Transmission System / Earth System / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 114, CS2013-16, pp. 47-52, 2013年7月.
資料番号 CS2013-16 
発行日 2013-06-27 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2013-07-04 - 2013-07-05 
開催地(和) 複合型公共施設(与那国島) 
開催地(英) Fukugogata-Kokyo-Shisetsu (Yonaguni Island) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next Generation Networks, Access Network, Broadband Access System, Power-Line Communications, Wireless Communication System, Coding System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2013-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) kHz帯PLC用N-PE伝送方式の実地試験結果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field Trial Results of N-PE Transmission System for Narrow-Band PLC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 狭帯域電力線通信 / Narrowband Power-line Communication (NB-PLC)  
キーワード(2)(和/英) スマートメータ / Smart Meter  
キーワード(3)(和/英) ディファレンシャルモード伝送方式 / Differential-mode Transmission System  
キーワード(4)(和/英) コモンモード伝送方式 / Common-mode Transmission System  
キーワード(5)(和/英) 接地方式 / Earth System  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 幸晃 / Yukiaki Yoshizawa / ヨシザワ ユキアキ
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 都築 伸二 / Shinji Tsuzuki / ツヅキ シンジ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 芳郎 / Yoshio Yamada / ヤマダ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-04 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-16 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2013-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会