電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-04 15:10
[招待講演]波長可変型WDM/TDM-PONを用いた広域フォトニックアグリゲーション技術の省電力効果及び適用領域の検討
妹尾由美子金子 慎吉田智暁木村俊二吉本直人NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一般的なアクセスNWは、PONによる光集線とレイヤ2スイッチによる電気集線の2段階の集線により、光ファイバや収容局内装置を多数のユーザで共有することで、経済的にサービスを提供している。これまで我々は、アクセスNWの更なる消費電力削減を狙いとして、波長可変型WDM/TDM-PONを用いた広域フォトニックアグリゲーション技術を提案してきた。提案技術では、レイヤ2スイッチの集線機能と冗長機能を、PON区間に新しく設けるフォトニックアグリゲータで代替する。本報告では、提案技術による省電力効果及びサービス提供可能範囲について定量的に考察する。また、提案技術により、新たに可能となる、集線後のリンクのトラフィック公平制御について述べる。 
(英) The conventional access network typically comprises passive optical network (PON) systems and layer-2 switches (L2SWs) to aggregate the data traffic and feed it to the core network. The high aggregation ratio realized by this two-stage aggregation enables operators to offer Fiber-to-the-Home (FTTH) services economically since cost of optical fibers and equipments in the central office are shared among a number of users. Until now, we proposed the wide-area photonic aggregation using -tunable Wavelength-division -multiplexing / time-division-multiplexing- (WDM/TDM-) PON, to reduce the power consumption for aggregation in access network. With this approach, the aggregation function and the redundancy function of L2SWs in the conventional access networks are achieved by installing the photonic aggregator into the PON. In this paper, we quantitatively investigate the effectiveness of power reduction and the region where services can be offered with the photonic aggregator. In addition, we describe the dynamic load-balancing for aggregated traffic realized by our proposed wide-area photonic aggregation.
キーワード (和) 広域フォトニックアグリゲーション技術 / 波長可変型WDM/TDM-PON / 省電力 / 動的負荷分散 / / / /  
(英) Wide-area photonic aggregation / λ-tunable WDM/TDM-PON / Energy efficient / Dynamic load-balancing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 114, CS2013-18, pp. 59-64, 2013年7月.
資料番号 CS2013-18 
発行日 2013-06-27 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2013-07-04 - 2013-07-05 
開催地(和) 複合型公共施設(与那国島) 
開催地(英) Fukugogata-Kokyo-Shisetsu (Yonaguni Island) 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next Generation Networks, Access Network, Broadband Access System, Power-Line Communications, Wireless Communication System, Coding System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2013-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長可変型WDM/TDM-PONを用いた広域フォトニックアグリゲーション技術の省電力効果及び適用領域の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Power saving design and applicability of wide-area photonic aggregation using λ-tunable WDM/TDM-PON 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広域フォトニックアグリゲーション技術 / Wide-area photonic aggregation  
キーワード(2)(和/英) 波長可変型WDM/TDM-PON / λ-tunable WDM/TDM-PON  
キーワード(3)(和/英) 省電力 / Energy efficient  
キーワード(4)(和/英) 動的負荷分散 / Dynamic load-balancing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 由美子 / Yumiko Senoo / セノオ ユミコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 慎 / Shin Kaneko / カネコ シン
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 智暁 / Tomoaki Yoshida / ヨシダ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 俊二 / Shunji Kimura / キムラ シュンジ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 直人 / Naoto Yoshimoto / ヨシモト ナオト
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-04 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-18 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2013-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会