電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-26 13:00
可視光通信プロジェクタ映像鑑賞時の時空間周波数特性の計測
後藤正太郎東大)・橋田朋子早大)・苗村 健東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 可視光通信プロジェクタ(PVLCプロジェクタ)は,投影画像の位置に応じて異なる情報を埋め込むことのできる技術であるが,投影画像を空間分割してその位置毎に異なる点滅を行うため,画面全体が一様に点滅する場合に比べて「ちらつき」が知覚されやすいという問題がある.本稿では,PVLCを利用したシステムがちらつき防止のために満たすべき条件の指標を得るために,PVLCで使われるような空間分割された点滅パターンを様々な時空間周波数で被験者に提示し,ちらつきの見え方を調べた.その結果から,視線を移動した際にちらつきが強く知覚されることが確認された.また,ちらつきが見えにくくなる時間周波数と空間周波数の関係を明らかにした. 
(英) Pixel-level Visible Light Communication (PVLC) is a system that can embed location-specific metadata into projected image. However, projected image of PVLC includes blinking with space division, which causes more flicker than ordinary blinking. In this paper, we examined perception of flicker in a wide range of spatio-temporal frequency in order to develop guidelines for prevention of flicker in PVLC system. The result revealed the relation between time frequency and space frequency of projected image which does not cause flicker.
キーワード (和) 可視光通信 / 空間分割型可視光通信 / 視覚 / ちらつき / / / /  
(英) Visible Light Communication / PVLC / Vision / Flicker / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 109, MVE2013-16, pp. 71-76, 2013年6月.
資料番号 MVE2013-16 
発行日 2013-06-18 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2013-06-25 - 2013-06-26 
開催地(和) 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 
開催地(英) Sanjo Conference Hall, The University of Tokyo (Hongo campus) 
テーマ(和) 人工現実感(VR学会,HI学会SIGVR,およびITE-HIと連催) 
テーマ(英) Artificial reality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2013-06-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可視光通信プロジェクタ映像鑑賞時の時空間周波数特性の計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of Spatio-temporal Frequency Characteristics while Watching Images of PVLC Projector 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible Light Communication  
キーワード(2)(和/英) 空間分割型可視光通信 / PVLC  
キーワード(3)(和/英) 視覚 / Vision  
キーワード(4)(和/英) ちらつき / Flicker  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 正太郎 / Shotaro Goto / ゴトウ ショウタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋田 朋子 / Tomoko Hashida / ハシダ トモコ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-26 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2013-16 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.109 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2013-06-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会