お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-24 15:15
尿動態計測用空中超音波ドプラシステムの校正のためのウォータージェットファントム
松本成史・○竹内康人柿崎秀宏旭川医科大US2013-19
抄録 (和) 著者らはかねてより排尿時の尿動態計測用の空中超音波ドプラシステムを開発しているが、どの医療機器もそうであるように、実患者による臨床テストに先立ちシステムの開発および校正、また計測の正当性の評価に「ファントム」を必要とするのは本件開発も例外ではない。本研究においてはそのような主旨でヒトの放尿を模擬するためのウオータージェットファントムを開発し、試作試用したのでその要点を報告する。ヒトの放尿はただ管路の断端をノズルとしてしかるべき流速流量の水を層流として放出しただけでは正しく模擬出来ず、特に男子の場合、外部尿道口の直前にある舟状窩の前後における流路の形状変化に由来する層流から乱流への「ひねり」の場面を正しく再現して初めて正しく模擬できる。装置は中型の小便小僧立像にまとめられ、開発中の尿動態計測用ウエアラブル空中超音波ドプラシステムとともに2012年度大学見本市 (Innovation Japan 2012) にて公開実演、好評を博した。 
(英) We are currently developing an airborne ultrasound Doppler system for external urodynamics study to monitor real human urination process. Like any other medical instrument development, it is inevitable to have a phantom, or a target simulator, in advance to challenge to real patient data taking. We report here our dedicated water-jet phantom to simulate human urination for such purpose, however, we found in our trial and error process that, human urination, especially of male, can’t be simulated properly along this context, just by launching a laminar water stream from nozzle with given/desired speed and flow rate. It can properly be reproduced only by simulating exactly the twisting flow profile change at navicular fossa just behind the external orifice, to generate turbulent flow at beginning. Our water jet phantom was made up as a medium size pissing boy (manekin-piss) statue and shown in Innovation Japan 2012 together with the our wearable Doppler device, with unanimous good acceptance.
キーワード (和) 排尿動態 / ファントム / 層流 / 乱流 / ドプラ / / /  
(英) urodynamics / phantom / laminar / turbulent / Doppler / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 107, US2013-19, pp. 25-28, 2013年6月.
資料番号 US2013-19 
発行日 2013-06-17 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2013-19

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2013-06-24 - 2013-06-24 
開催地(和) 東京大学生産技術研究所 
開催地(英) Inst. Indust. Sci, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 医用超音波,アコースティックイメージング,一般
(共催:日本超音波医学会・基礎技術研究会,日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英) Ultrasonics in Medicine, Acoustic Imaging, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2013-06-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 尿動態計測用空中超音波ドプラシステムの校正のためのウォータージェットファントム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Water Jet Phantom for Calibration of Airborne Ultrasound Doppler System for Urodynamics Study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 排尿動態 / urodynamics  
キーワード(2)(和/英) ファントム / phantom  
キーワード(3)(和/英) 層流 / laminar  
キーワード(4)(和/英) 乱流 / turbulent  
キーワード(5)(和/英) ドプラ / Doppler  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 成史 / Seiji Matsumoto / マツモト セイジ
第1著者 所属(和/英) 旭川医科大学 (略称: 旭川医科大)
Asahikawa Medical University (略称: Aysahikawa Med Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 康人 / Yasuhito Takeuchi / タケウチ ヤスヒト
第2著者 所属(和/英) 旭川医科大学 (略称: 旭川医科大)
Asahikawa Medical University (略称: Aysahikawa Med Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿崎 秀宏 / Hidehito Kakizaki / カキザキ ヒデヒロ
第3著者 所属(和/英) 旭川医科大学 (略称: 旭川医科大)
Asahikawa Medical University (略称: Aysahikawa Med Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-24 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2013-19 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.107 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2013-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会