電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 10:20
ヘテロジーニアスネットワーク下りリンクにおける基地局間のメトリック交換に基づく送信電力制御法
青田知之樋口健一東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,ピコ基地局やフェムト基地局等の小型低出力基地局をマクロ基地局がカバーするセル内にオーバーレイ配置するヘテロジーニアスネットワーク(HetNet: heterogeneous network)において,基地局間のメトリック交換に基づく送信電力制御法を提案する.提案法の目的は,HetNet下りリンクにおいて,ワーストユーザスループットを最大化することである.提案法は基地局間連携をする送信電力制御法に分類される.しかし,大量のチャネル情報の交換を必要とする従来の基地局間連携型送信電力制御法と異なり,提案法は基地局当たり1つの少量の情報交換で実現できる.具体的には,提案法は,基地局間で各セルのユーザスループットの最小値を交換し,その結果連携する全てのセルにおけるワーストユーザスループットをメトリックとして共有する.次に,各基地局は連携する全セルのワーストユーザスループットの定数倍で定義される目標スループットをセル内の全ユーザが達成するように送信電力を更新する.以上の処理を繰り返すことにより,提案法はワーストユーザスループットを増大することができる.計算機シミュレーションにより,提案法のアルゴリズムの計算量は小さく,バックホールを通して交換する情報量は少ないにもかかわらず,達成できるワーストユーザスループットは上界に非常に近いことを示す.さらに提案法は,従来法に比較してワーストユーザスループット増大と送信電力低減に有効であることを示す. 
(英) This paper proposes a simple transmission power control method based on shared metric among base stations (BS) for heterogeneous networks, where the macro BS with large transmission power is overlaid with the pico or femto BSs with small transmission power. This paper is aimed at maximization of the worst user throughput in downlink heterogeneous networks. The proposed method is categorized into the inter-BS cooperation type. However, different from the conventional BS cooperative transmission power control methods which require exchanging a large amount of channel state information among BSs, the proposed method can be implemented by exchanging a small amount of information. In the proposed method, BSs exchange the minimum value of user throughput and, as a result, share the tentative worst user throughput within the cooperated cells. Using this shared metric information, each BS updates its transmission power so that the target throughput is achieved for all users served by that BS. Although the procedure of the proposed method is computationally efficient and the amount of the shared information via backhaul is very limited, the worst user throughput achieved by the proposed method is very close to the upper bound performance. The multi-cell simulation evaluation reveals that the proposed method is effective in increasing the worst user throughput and reducing transmission power compared to the conventional approaches.
キーワード (和) ヘテロジーニアスネットワーク / フェムトセル / ピコセル / 送信電力制御 / / / /  
(英) Heterogeneous networks / Femto cell / Pico cell / Transmission power control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-66, pp. 171-176, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-66 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヘテロジーニアスネットワーク下りリンクにおける基地局間のメトリック交換に基づく送信電力制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Power Control Method Based on Shared Metric Among Base Stations for Downlink Heterogeneous Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘテロジーニアスネットワーク / Heterogeneous networks  
キーワード(2)(和/英) フェムトセル / Femto cell  
キーワード(3)(和/英) ピコセル / Pico cell  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / Transmission power control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青田 知之 / Tomoyuki Aota / アオタ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 10:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-66 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.171-176 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会