電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 09:40
繰り返し伝搬路推定における軟復調器出力外部LLRに関する一検討
佐々木浩幸衣斐信介三瓶政一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,伝搬路推定誤差存在時における最大事後確率(MAP: Maximum textit{A-posteriori} Probability)基準復号器に入力すべき軟復調器出力外部対数尤度比(LLR: Log Likelihood Ratio)について検討する.
MAP復号器では計算の複雑さを緩和するため,軟復調器出力外部LLRがガウス分布に従うことを前提にしている.
しかしながら,伝搬路推定誤差が存在する場合,従来の定義によって得られる外部LLRのガウス性は崩れてしまう.
よって,ガウス性を保証するため伝搬路推定値の二乗平均誤差(MSE: Mean Square Error)に応じて外部LLRを定義し直す.
その後,繰り返し伝搬路推定においても適用できるように外部LLRを拡張する.その結果,得られた外部LLRを通信路復号器に入力することで,ビット誤り率特性(BER: Bit Error Rate)の改善が可能であることを示す. 
(英) This paper investigates an extrinsic log likelihood ratio (LLR) of soft demapper to be conveyed to maximum textit{a-posteriori} probability (MAP) decoder under the presence of channel estimation errors.
In principle, the extrinsic LLR should obey Gaussian distribution for the sake of reducing computational complexity in the MAP decoder.
However, channel estimation errors deteriorate Gaussianity of the LLR derived by conventional definition.
In order to guarantee the Gaussianity, this paper defines alternative extrinsic LLR according to mean square error (MSE) of channel estimates.
The derivation of the proposed LLR is extended to an iterative channel estimation scenario.
We will demonstrate that the proposed extrinsic LLR is capable of improving bit error rate (BER) performances.
キーワード (和) OFDM / 繰り返し伝搬路推定 / 復調器 / 通信路符号化 / / / /  
(英) OFDM / iterative channel estimation / demapper / channel code / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-63, pp. 153-158, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-63 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 繰り返し伝搬路推定における軟復調器出力外部LLRに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Extrinsic LLR of Soft-Demapper for Iterative Channel Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) 繰り返し伝搬路推定 / iterative channel estimation  
キーワード(3)(和/英) 復調器 / demapper  
キーワード(4)(和/英) 通信路符号化 / channel code  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 浩幸 / Hiroyuki Sasaki / ササキ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 09:40:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-63 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会