電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 09:00
デュオバイナリ・パーシャルレスポンスフィルタを用いたSC-FDEの特性改善に関する検討
阿保航平アムナート ブンカジャイ山本哲矢安達文幸東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広帯域シングルキャリア(SC)伝送では,最小平均二乗誤差(MMSE)規範に基づく周波数領域等化(FDE)を用いることで周波数ダイバーシチ効果が得られ,ビット誤り率(BER)特性を大幅に改善できる.パーシャルレスポンス(PR)フィルタを送信フィルタとして用いれば伝送帯域幅を狭くできるので周波数利用効率が向上するものの,PRフィルタによって生じた符号間干渉(ISI)をMMSE-FDEで十分抑圧できないのでBER特性が劣化してしまう.本報告では,MMSE-FDEに加えて周波数領域ISIキャンセラや最尤系列推定(MLSE)を導入することでPRフィルタによって生じたISIを低減する広帯域SC-FDE伝送のBER特性を計算機シミュレーションにより求め,特性改善効果を明らかにしている. 
(英) Frequency-domain equalization (FDE) based on minimum mean square error (MMSE) criterion significantly improves the bit error rate (BER) performance of single-carrier (SC) transmission by suppressing the channel frequency-selectivity. Partial response (PR) filtering achieves higher spectral efficiency by permitting certain amount of inter-symbol interference (ISI). However, employing the MMSE-FDE solely is not sufficient to mitigate the effect of such amount of ISI occurred from PR filtering, and hence BER performance degrades. To reduce the effect of ISI, we introduce the SC-FDE transmission using duobinary PR filtering, together with either frequency-domain iterative ISI cancellation or time-domain maximum likelihood sequence estimation (MLSE) .Performance evaluation in terms of BER is evaluated by computer simulation.
キーワード (和) 周波数領域等化 / パーシャルレスポンスフィルタ / 周波数領域ISIキャンセラ / 最尤系列推定 / / / /  
(英) Frequency-domain equalization / Partial response filter / Frequency-domain ISI cancellation / MLSE / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-59, pp. 129-134, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-59 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デュオバイナリ・パーシャルレスポンスフィルタを用いたSC-FDEの特性改善に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Performance Improvement of SC-FDE Using Duobinary Partial Response Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency-domain equalization  
キーワード(2)(和/英) パーシャルレスポンスフィルタ / Partial response filter  
キーワード(3)(和/英) 周波数領域ISIキャンセラ / Frequency-domain ISI cancellation  
キーワード(4)(和/英) 最尤系列推定 / MLSE  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿保 航平 / Kohei Abo / アボ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) アムナート ブンカジャイ / Amnart Boonkajay / アムナート ブンカジャイ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲矢 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 09:00:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-59 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会