電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 16:30
リング発振器を用いたトランジスタの劣化推定法
池田龍史三浦幸也首都大東京DC2013-15
抄録 (和) ナノスケールのトランジスタではNegative Bias Temperature Instability(NBTI)やPositive Bias Temperature Instability(PBTI),Chanel Hot Carrier(CHC)と呼ばれる劣化現象がLSIの性能を低下させる主な要因となっている.これらの劣化現象によってトランジスタの動作速度が低下し,信号伝搬に遅延が生じることでLSIが誤動作してしまうという問題がある.本研究ではLSI内部に2種類のリング発振器を組み込み,劣化によるリング発振器の周期の変化量からトランジスタ1個あたりの遅延の増加量を推定することを可能とし,増加遅延を劣化の指標として用いた.また劣化によって変化したトランジスタのしきい値を推定可能にした.回路シミュレーションにより,トランジスタ1個あたりの遅延の増加を5%以内の誤差,トランジスタのしきい値の増加を2%以内の誤差で推定できることを確認した. 
(英) Aging called Negative Bias Temperature Instability (NBTI), Negative Bias Temperature Instability (NBTI) and Chanel Hot Carrier (CHC) occurs in nanoscale transistors, which is a major factor for degrading the performance of LSIs. Operating speed of transistors is decreased by aging, and LSI malfunctions by a delay in signal propagation. In this paper, we present a method for estimating the amount of increase in delay time and a threshold value per one transistor from change in the period of two ring oscillators by aging. It was verified by circuit simulation that the proposed method can estimate with an error rate of less than 5% of the delay time increase and an error of less than 2% of the threshold voltage increase.
キーワード (和) NBTI / PBTI / CHC / リング発振器 / 信号遅延 / / /  
(英) NBTI / PBTI / CHC / ring oscillators / signal delay / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 104, DC2013-15, pp. 31-36, 2013年6月.
資料番号 DC2013-15 
発行日 2013-06-14 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2013-15

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2013-06-21 - 2013-06-21 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 設計/テスト/検証 
テーマ(英) Design, Test, Verification 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2013-06-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リング発振器を用いたトランジスタの劣化推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Transistor Degradation Estimation Using Ring Oscillators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NBTI / NBTI  
キーワード(2)(和/英) PBTI / PBTI  
キーワード(3)(和/英) CHC / CHC  
キーワード(4)(和/英) リング発振器 / ring oscillators  
キーワード(5)(和/英) 信号遅延 / signal delay  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 龍史 / Tatsunori Ikeda / イケダ タツノリ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 幸也 / Yukiya Miura / ミウラ ユキヤ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2013-15 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.104 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DC-2013-06-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会