電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 17:40
超低高度衛星の今後の展開
此上一也今村俊介佐藤洋平川崎春夫高畑博樹JAXA
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) JAXAでは、従来実現できなかった超低高度(高度200〜300km以下)を継続的に飛
行する超低高度衛星の研究開発を進めている。超低高度衛星は、従来の周回衛星
と比較して、地表面との距離が短くなるため、観測分解能の大幅な向上や、セン
サの小型化および低消費電力化が期待されている。
本発表では、現在開発中のSLATS(超低高度衛星技術試験機)に続く、超低高度
軌道の特徴を生かした実用的な地球観測ミッションについて提案し、超低高度衛
星の今後の展開について報告する。 
(英) JAXA has been studying super low altitude satellite. The altitude of this satellite is about 200-300km. A satellite in a super low altitude enables higher resolution optical Earth observation and lower electric power active sensing using a SAR or a LIDAR than those in conventional low earth orbits. In this paper, practical Earth observation missions, which are suitable for super low altitude earth orbit, are proposed and future plan of super low altitude satellite is introduced.
キーワード (和) 超低高度衛星 / 地球観測 / SLATS / / / / /  
(英) Super Low Altitude Satellite / Earth observation / Remote sensing / SLATS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 88, SANE2013-36, pp. 123-127, 2013年6月.
資料番号 SANE2013-36 
発行日 2013-06-13 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) JAXA 筑波宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム 
テーマ(英) Space applications symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超低高度衛星の今後の展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Future plan of super low altitude satellite 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超低高度衛星 / Super Low Altitude Satellite  
キーワード(2)(和/英) 地球観測 / Earth observation  
キーワード(3)(和/英) SLATS / Remote sensing  
キーワード(4)(和/英) / SLATS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 此上 一也 / Kazuya Konoue / コノウエ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 俊介 / Shunsuke Imamura / イマムラ シュンスケ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 洋平 / Yohei Satoh / サトウ ヨウヘイ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 春夫 / Haruo Kawasaki / カワサキ ハルオ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畑 博樹 / Hiroki Kohata / コウハタ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 17:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-36 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.123-127 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会