電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 16:40
適応レート制御を導入したセルフィッシュDSCの周波数共用における遅延特性に関する一検討
奥山達樹衣斐信介三瓶政一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,自律分散ネットワークにおいて,セルフィッシュダイナミックスペクトル制御(S-DSC: Selfish Dynamic Spectrum Control)を用いた周波数共用における伝送遅延特性(以下遅延特性と呼ぶ)について検討する.自律分散ネットワークでは現在,各端末が自律的に干渉を回避するCSMA/CA(Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)が広く用いられている.しかし,CSMA/CAは干渉を許容しない直交アクセスのため,端末数の増加に伴い遅延時間が増加する.そこで本稿では,遅延時間の短縮を目的とし,スペクトルの非直交アクセスにより複数端末の同時通信が可能なS-DSCを用いて周波数共用を行う.本稿では平均受信電力に応じた適応レート制御を導入し,MAC(Medium Access Control)層における遅延時間を比較する.そして,計算機シミュレーションにより,S-DSCはCSMA/CAと比較して遅延時間の短縮が可能であることを確認する. 
(英) This paper discusses message delay properties of a selfish dynamic spectrum control (S-DSC) introduced spectrum sharing in autonomous distributed networks. In autonomous distributed networks, carrier sense multiple access with collision avoidance (CSMA/CA) in which each node avoids collision autonomously, is widely utilized to share the radio resource. However, in the CSMA/CA protocol, when the number of nodes is increased, the delay time for data transmission becomes longer. Thus, to make the delay time shorter, this paper exploits S-DSC in which plural nodes is capable of transmitting messages simultaneously with non-orthogonal spectrum sharing. This paper introduces adaptive rate control based on average received energy and compares the delay time in MAC (Medium Access Control) layer. Computer simulations confirm that S-DSC can achieve shorter delay time in comparison with CSMA/CA.
キーワード (和) ダイナミックスペクトル制御 / CSMA/CA / 周波数共用 / 伝送遅延特性 / / / /  
(英) Dynamic Spectrum Control / CSMA/CA / Spectrum Sharing / Delay properties / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-76, pp. 225-230, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-76 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 適応レート制御を導入したセルフィッシュDSCの周波数共用における遅延特性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Delay Properties in Spectrum Sharing with Adaptively Rate Controlled Selfish DSC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトル制御 / Dynamic Spectrum Control  
キーワード(2)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(3)(和/英) 周波数共用 / Spectrum Sharing  
キーワード(4)(和/英) 伝送遅延特性 / Delay properties  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-76 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.225-230 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会