電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 09:20
重複セル環境でのBSS内集中制御型OFDMA無線LANシステムにおける端末クラスタ化に関する一検討
延堂拓也宮本伸一三瓶政一阪大)・姜 聞杰NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LANシステムにおいて,同一BSS内のAPと端末群が協調し,APによる集中制御の下,OFDMA方式を用いた2次元スケジューリングにより適切な端末に無線リソースを割り当てることで無線リソースの有効活用を図る手法として,これまで我々はBSS内集中制御型OFDMA無線LANシステムを提案した.このシステムでは,無線リソースの割り当て時にAPが全端末のCSIを制御フレームにより集約することで高いマルチユーザダイバーシチ利得を得られるが,端末数の増加に伴いシグナリングオーバヘッドが増大し,スループットの低下を招く.さらに,他のBSSが隣接する重複セル環境において,自BSS内の一部の端末のみが隣接BSSの伝送に晒される場合,APは晒された端末から制御フレームを受信できないため当該端末のCSIを把握できず,得られるマルチユーザダイバーシチ利得は低減する.本稿では,重複セル環境で運用されるBSS内集中制御型OFDMA無線LANシステムのスループットの向上を目的として,BSS内の端末をいくつかのクラスタに分類する手法を提案する.提案手法では,BSS内の各端末のフレーム伝送状況から,自BSSで達成可能なスループットを最大とするクラスタパターンを選出し,各端末をクラスタへ分類する.その後,各端末はAPによる集中制御の下,獲得した無線リソースをOFDMAにより同一クラスタに属する端末群で共有する.各端末のチャネル状況および隣接BSSへの与干渉並びに被干渉状況に応じて動的にクラスタを形成することで,重複セル環境において高いスループットの達成が可能であることを特性評価により示す. 
(英) To enhance the throughput of OFDMA WLAN systems, this paper proposes a stations-clustering scheme in which stations in the same basic service set (BSS) are grouped into clusters. In the proposed scheme, initially, to obtain statistics required for calculating the achievable throughput when the stations are grouped into a certain clustered-pattern, the AP and all stations belong to the same cluster and transmit DATA frames for a certain period. After that, the AP calculates the achievable throughput for all clustered-pattern and chooses an optimum clustered-pattern that maximizes the achievable throughput. Then, the stations are grouped into clusters in accordance with the selected clustered-pattern, and the stations within the same cluster share the radio resource by an intra-BSS centralized OFDMA WLAN scheme. Since the proposed scheme reduces the signaling overhead due to the feedback of CSI and the number of exposed stations while obtaining higher multi-user diversity gain, throughput of OFDMA WLAN can be enhanced. Numerical simulation confirms that the proposed scheme can improve throughput performance by introduction of dynamic station clustering.
キーワード (和) CSMA/CA / 重複セル環境 / 集中制御型無線リソースマネージメント / 端末クラスタ化 / / / /  
(英) CSMA/CA / Overlapping BSS / Centralized Radio Resource Management / Stations-Clustering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-61, pp. 141-146, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-61 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重複セル環境でのBSS内集中制御型OFDMA無線LANシステムにおける端末クラスタ化に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Station Clustering Scheme for Intra-BSS Centralized OFDMA WLAN Systems in Overlapping Cell Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(2)(和/英) 重複セル環境 / Overlapping BSS  
キーワード(3)(和/英) 集中制御型無線リソースマネージメント / Centralized Radio Resource Management  
キーワード(4)(和/英) 端末クラスタ化 / Stations-Clustering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 延堂 拓也 / Takuya Endo / エンドウ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 伸一 / Shinichi Miyamoto / ミヤモト シンイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 聞杰 / Wenjie Jiang / ジャン ウェンジェ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT Corporation)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 09:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-61 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会