電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 10:10
SICを用いた上りリンク非直交多元接続における周波数ブロック毎に異なる送信電力制御を用いたセル間干渉コーディネーション法の評価
片山弘巳樋口健一東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,シリアル干渉キャンセラ(SIC: successive interference canceller)を適用した非直交多元接続を用いたセルラ上りリンクに対して,先に提案した2つの周波数ブロック毎に異なる送信電力制御(TPC: transmission power control)を用いたセル間干渉コーディネーション(ICIC: inter-cell interference coordination)法を適用したときのスループット特性を比較評価する.1つ目のTPC法はフラクショナルTPC (FTPC)における基準目標受信SNR (signal-to-noise ratio)と減衰係数をセル間でコーディネーションさせて周波数ブロック毎に異なる値にするものである.2つ目のTPC法はフラクショナルTPCに加えてセル間でコーディネーションさせた周波数ブロック毎に異なるセル間干渉電力制御を行う方法である.いずれの方法も従来のフラクショナル周波数繰り返し(FFR: fractional frequency reuse)に比較してマルチユーザダイバーシチと非直交多重効果を改善できるため,FFRやICICを用いない1セル周波数繰り返し(UFR: universal frequency reuse)に比較してシステムスループット特性を改善できること,2つのTPC法を比較するとセル間干渉電力制御を用いるアプローチが優れることを示す. 
(英) This paper compares our previously reported two inter-cell interference coordination (ICIC) methods based on frequency block-dependent transmission power control (TPC) in non-orthogonal access with successive interference canceller (SIC) in the cellular uplink. First TPC uses different target signal-to-noise ratio (SNR) and decay factor in fractional TPC among frequency blocks, which are coordinated among neighbor cells. Second TPC uses TPC based on inter-cell interference power in addition to the conventional received signal power-based fractional TPC, where the allowable inter-cell interference power among multiple frequency blocks within the system bandwidth are coordinated among neighbor cells. From the computer simulation, we show that the ICIC using either of two our previously reported TPC methods can enhance the system-level throughput compared to the conventional universal frequency reuse (UFR) without ICIC and fractional frequency reuse (FFR) since the degradation in multiuser diversity and non-orthogonal user multiplexing effect is alleviated with the proposed ICIC compared to the conventional FFR which achieving similar ICIC effect. Among two proposed TPC methods, the TPC using inter-cell interference power control achieves best throughput performance.
キーワード (和) 非直交多元接続 / SIC / セル間干渉コーディネーション / 送信電力制御 / / / /  
(英) non-orthogonal multiple access / SIC / inter-cell interference coordination / transmission power control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-65, pp. 165-170, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-65 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SICを用いた上りリンク非直交多元接続における周波数ブロック毎に異なる送信電力制御を用いたセル間干渉コーディネーション法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Inter-Cell Interference Coordination Method Using Frequency Block Dependent Transmission Power Control in Non-orthogonal Access with SIC for Cellular Uplink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非直交多元接続 / non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) SIC / SIC  
キーワード(3)(和/英) セル間干渉コーディネーション / inter-cell interference coordination  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / transmission power control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 弘巳 / Hiromi Katayama / カタヤマ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 10:10:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-65 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.165-170 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会