電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 16:50
スプーフィングを対象とした民生用衛星測位システムの脆弱性軽減方法の開発
千野孝一Dinesh Manandhar柴崎亮介東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 民生用途GPS信号は広く社会生活のインフラ分野に利用されているが,容易に成りすましされやすく,脆弱性(スプーフィングとミーコニング)を内在している。本論文では,まずスプーフィングのデモから如何にGPS信号が脆弱であるかを示し,その対応策をナビゲーションメッセージにエラー訂正演算を施すことにより実現できることを示した。次に準天頂衛星システムの地上システム・衛星システム・受信機に秘匿化演算したナビゲーションメッセージを実装する方法を示し,最後に秘匿化演算したナビゲーションメッセージが既存のGPS信号の脆弱性を解決する有望な手段であることをシミュレーションと実験により示した。 
(英) We address the current situation of the potential vulnerabilities (Spoofing and Meaconing) of Global Positioning System in the field of Civilian Users. In this thesis, we show how the GPS signal is easy to be spoofed and meaconinged by the Spoofing Demonstration, on the contrary ,we show the resolutions by means of implement in encrypted navigation message. We propose the implement of encrypted navigation message to ground system, space system and receiver of Japanese Quasi Zenith Satellite System. The potential vulnerabilities of Civil GPS signal will be resolved by the encrypted navigation message thorough simulation and experiments
キーワード (和) GPS / 認証 / 成りすまし / 脆弱性 / / / /  
(英) GPS / Authentication / Spoofing / Vulnerability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 88, SANE2013-34, pp. 109-116, 2013年6月.
資料番号 SANE2013-34 
発行日 2013-06-13 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) JAXA 筑波宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム 
テーマ(英) Space applications symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スプーフィングを対象とした民生用衛星測位システムの脆弱性軽減方法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The development of decrease of vulnerabilities of Civilian GNSS in targeting of spoofing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(2)(和/英) 認証 / Authentication  
キーワード(3)(和/英) 成りすまし / Spoofing  
キーワード(4)(和/英) 脆弱性 / Vulnerability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千野 孝一 / Koichi Chino / チノ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Dinesh Manandhar / Dinesh Manandhar / ディネス マナンダ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴崎 亮介 / Ryosuke Shibasaki /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-34 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.109-116 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SANE-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会