お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-21 13:25
データ実行防止機能を用いた汎用的なアンパッキング手法の提案
伊沢亮一NICT)・神薗雅紀NICT/セキュアブレイン)・井上大介NICTIA2013-13 ICSS2013-13
抄録 (和) 数多く存在するパッカーに対抗するため,汎用的なアンパッキング手法が盛んに研究されている.パッキングされたファイルは必ずメモリ上でオリジナルコードを復号,書き込みした後,そのコードが実行される.書込/実行された領域の抽出はデータ実行防止機能により可能だが,書込/実行は複数発生するため,複数の候補からOEP(オリジナルエントリポイント)を決定する必要がある.本研究では高精度にOEPを判定することを目的とし,2つの方法を提案する.1つ目はメモリのエントロピによる判定,2つ目はメモリ上に書き込まれたAPIのアドレス(数値)の個数で判定する.前者ではパッキングされたコードに比べて命令には偏りがあり,エントロピの値が低くなる傾向を利用する.復号処理が進むに従い,メモリ上に命令が増える.後者ではメモリ上に記述されるAPIのアドレスが増えていくことに着目した.
2つの判定方法の両方を満たした候補をOEPとする.評価実験では異なるパッカーでパッキングされたファイルを20種類用意し提案手法でアンパッキングをした結果,14種類のファイルからOEPが正しく検出できた. 
(英) To skip unpacking steps, automated generic unpacking methods are strongly required. The basic idea of the generic unpacking is to find memory areas on which data was written and then executed. That is because the unpacker code of a packed file, no matter which packer is used, decrypts the original code, writes it to an area on the memory, and then executes it. DEP (data execution prevention) provides us a way to detect such areas.
However, writing and executing data often occur on the memory, so that
the candidates of the original entory point are created. In this paper, we
propose a detection method that decides which candidate is true. Our method calculates an entropy value of the memory when a candidate is created. Next our method searches for API address values on the memory.
The original point is determined by the two factors. The experiment shows that our method can detect each entry point of 14 packed files, in which the total number of packed files is 20.
キーワード (和) マルウェア解析 / パッカー / カーネルモード / NXビット / / / /  
(英) Malware analysis / Packer / Kernel mode / NX bit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 95, ICSS2013-13, pp. 73-78, 2013年6月.
資料番号 ICSS2013-13 
発行日 2013-06-13 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2013-13 ICSS2013-13

研究会情報
研究会 IA ICSS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) アオーレ長岡 
開催地(英) Ao-re Nagaoka 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2013-06-IA-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データ実行防止機能を用いた汎用的なアンパッキング手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generic Unpacking Method Using Data Execution Prevention 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルウェア解析 / Malware analysis  
キーワード(2)(和/英) パッカー / Packer  
キーワード(3)(和/英) カーネルモード / Kernel mode  
キーワード(4)(和/英) NXビット / NX bit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊沢 亮一 / Ryoichi Isawa / イサワ リョウイチ
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神薗 雅紀 / Masaki Kamizono / カミゾノ マサキ
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構/株式会社セキュアブレイン (略称: NICT/セキュアブレイン)
National Institute of Information and Communications Technology/SecureBrain Corporation (略称: NICT/SecureBrain Corporation)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue /
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-21 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-IA2013-13,IEICE-ICSS2013-13 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.94(IA), no.95(ICSS) 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2013-06-13,IEICE-ICSS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会