電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-20 10:20
過負荷MIMO-OFDMシステムのブロック符号化信号の統合復号に関する実験的検討
矢部達郎慶大)・稲森真美子東海大)・眞田幸俊慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では, 過負荷MIMO(Multiple Input Multiple Output)-OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)のための統合復号処理を検討する.
過負荷MIMOシステムは, 送信アンテナ数より受信アンテナ数が少ないMIMOシステムである.
過負荷MIMOの条件下では, 統合検出処理の特性が劣化する.
しかし, 過去の文献ではダイバーシチを用いて信号多重化による特性の劣化量を抑えられることが示されている.
そこで本報告では, 過負荷MIMO-OFDMシステムにおけるブロック符号化信号の最尤統合復号方式を提案する.
そして, マルチパスRayleighフェージングチャネルにおける統合復号特性をシミュレーションおよび実験で評価する.
計算機シミュレーションの結果, ブロック符号化を用いたダイバーシチにより, 2ストリームのHamming符号化信号の統合復号は, 1ストリームと同等の特性を示した.
さらに, 実験の結果と計算機シミュレーション結果の比較によりチャネル推定誤差による特性差も明らかにした. 
(英) This report presents a joint decoding scheme for an overloaded multiple input multiple output (MIMO) -orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) system.
In the overloaded MIMO system the number of transmit antenna elements is less than that of receive antenna elements.
It has been shown that under the overloaded condition the performance of joint detection deteriorates while diversity reduces the amount of performance degradation caused by signal multiplexing.
Thus, this report proposes a maximum likelihood joint decoding scheme of block coded signals in the overloaded MIMO-OFDM system.
The performance of joint decoding over Rayleigh fading channels is evaluated through simulation and experiments.
It is shown in computer simulation that the diversity through block coding realizes no performance degradation in joint decoding of 2 Hamming coded signal streams.
However, there are differences between numerical results obtained through computer simulation and experiments owing to channel estimation errors.
キーワード (和) 過負荷MIMO / 統合復号 / OFDM / / / / /  
(英) Overloaded MIMO / Joint Decoding / OFDM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-44, pp. 43-48, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-44 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 過負荷MIMO-OFDMシステムのブロック符号化信号の統合復号に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigation of Joint Decoding in Overloaded MIMO-OFDM System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 過負荷MIMO / Overloaded MIMO  
キーワード(2)(和/英) 統合復号 / Joint Decoding  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢部 達郎 / Tatsuro Yabe / ヤベ タツロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲森 真美子 / Mamiko Inamori / イナモリ マミコ
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-20 10:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-44 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会