電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-20 13:00
地球観測衛星用Ka帯高速データ伝送システムの検討 ~ LDPC符号、VCM/ACMの検討 ~
田島成将稲岡和也荒木智宏島田政明谷島正信JAXA
抄録 (和) 宇宙航空研究開発機構(JAXA)では地球観測衛星の高性能化に対応するため、観測データ伝送システムの高速化を進めており、2010年度からKa帯を使用した2Gbps以上の高速データ伝送システムの研究開発を開始している。Ka帯高速伝送システムの実現にあたっては、X帯に比べて影響が大きくなる降雨減衰への対策が必要となる。その一方策として、符号化利得の高い誤り訂正符号の採用は必須である。また、スループット向上の方策として、Adaptive Coding and Modulation (ACM) 技術の採用が必要となる。本稿では、符号化利得の高い誤り訂正符号であるLow Density Parity Check符号の符号化回路試作・評価結果、また、ACM技術の採用へ向けた前ステップとしてVariable Coding and Modulation技術を適用したKa帯伝送システムの実現性評価結果について報告する。 
(英) Corresponding to the increasing of the data transmission speed from Earth exploration satellites, the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) has been studying Ka-band High-speed Transmission System since 2010, which provides more than 2 Giga bits per second (Gbps). To realize the high-speed transmission system in the Ka-band, the system needs to take measures against the rain attenuation which influence comes to be larger than that in X-band. As one of the measures, the adoption of the error correcting code which provide higher coding gain is required. In addition, for the throughput improvement, it is necessary to adopt the Adaptive Coding and Modulation technique (ACM). This paper discusses the result of the encoder circuit trial production and evaluation of the Low Density Parity Check codes performance by computer simulation, that provide higher coding gain, and the result of feasibility evaluation of Ka-band transmission system which applied Variable Coding and Modulation technique as the preparation step towards adoption of ACM.
キーワード (和) 高速変調器 / 2Gbps / Ka-band / LDPC / VCM / ACM / /  
(英) High speed Modulator / 2Gbps / Ka-band / LDPC / VCM / ACM / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 88, SANE2013-16, pp. 11-16, 2013年6月.
資料番号 SANE2013-16 
発行日 2013-06-13 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) JAXA 筑波宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム 
テーマ(英) Space applications symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地球観測衛星用Ka帯高速データ伝送システムの検討 
サブタイトル(和) LDPC符号、VCM/ACMの検討 
タイトル(英) A Study on Ka-band High Speed Transmission System for Earth Exploration Satellites 
サブタイトル(英) Study on LDPC codes and VCM/ACM System 
キーワード(1)(和/英) 高速変調器 / High speed Modulator  
キーワード(2)(和/英) 2Gbps / 2Gbps  
キーワード(3)(和/英) Ka-band / Ka-band  
キーワード(4)(和/英) LDPC / LDPC  
キーワード(5)(和/英) VCM / VCM  
キーワード(6)(和/英) ACM / ACM  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 成将 / Yoshiyuki Tashima /
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲岡 和也 / Kazuya Inaoka /
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 智宏 / Tomohiro Araki /
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 政明 / Masaaki Shimada /
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷島 正信 / Masanobu Yajima /
第5著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-20 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-16 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.88 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会