電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-20 11:50
LTE-Advanced ネットワーク下における端末間通信利用に関する一検討
北川幸一郎畑川養幸小西 聡KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 標準化団体3GPP (The 3rd Generation Partnership Project) において,LTE (Long-Term Evolution)-Advancedの一機能として端末間(Device-to-Device: D2D)通信機能を盛り込むことが検討されている.LTE-AdvancedにおけるD2D通信機能では,これまで基地局-端末間通信(セルラ通信)に使用していた無線リソースを,D2D通信用に一部利用することが検討されている.本稿ではD2D通信機能への無線リソース割当方法として,D2D通信用無線リソースをセルラ通信用無線リソースに対して排他的に割り当てた場合と,全無線リソースをD2D通信とセルラ通信とで共用した場合と,無線リソースを排他的なセルラ通信用リソースと排他的なD2D通信用リソースと共用リソースとの3つに分割した場合とを検討した.評価結果から,セルラリソースをD2D通信とセルラ通信とで共用した場合,D2D通信とセルラ通信とで排他的に割り当てた場合と比較して,セルラ通信のSINRが,累積分布関数の50%値で約1.6dBの劣化するという結果を得た.また,全ての通信をセルラ通信とした場合の受信SINRと,前述の割当方法に基づいてD2D通信とセルラ通信とを共存させた場合の受信SINRとを比較した結果,D2D通信はSINR値を大幅に改善する場合もあるものの,D2D通信とセルラ通信が同一の無線リソースを共用する無線リソース割当の場合には,低いSINR領域において大きくSINRを劣化させる場合もあることがわかった. 
(英) In 3GPP (The 3rd-Generation Partnership Project) standardization, it has been discussed to adopt Device-to-Device (D2D) communication in LTE (Long-Term Evolution)-Advanced Networks. In LTE-Advanced D2D communication, a part of the radio resources for cellular communications can be used for D2D communications. In this paper, some ways to allocate radio resources for D2D communication are discussed: the allocation of exclusive radio resources to D2D communication, the allocation of radio resources shared between cellular communication and D2D communication, and the allocation of both exclusive and shared resources for D2D communication. It is observed that the 50%-tile uplink SINR decreases by around 1.6 dB when the resource allocation is changed from exclusive allocation to the shared allocation between cellular communication and D2D communication. We also compared the obtained SINR distribution with the case that all the users communicates with its serving base stations. It is observed that there is significant improvement in the high SINR region. However, in case of the resource allocation shared between cellular communication and D2D communication, it is observed that there is severe degradation in the low SINR region.
キーワード (和) 端末間通信 / LTE-Advanced / 無線リソース割当 / / / / /  
(英) Device-to-Device communication / LTE-Advanced / Radio resource allocation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-51, pp. 85-90, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-51 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced ネットワーク下における端末間通信利用に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Deployment of Device-to-Device Communication under LTE-Advanced networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 端末間通信 / Device-to-Device communication  
キーワード(2)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(3)(和/英) 無線リソース割当 / Radio resource allocation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 幸一郎 / Koichiro Kitagawa / キタガワ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑川 養幸 / Yasuyuki Hatakawa / ハタカワ ヤスユキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 聡 / Satoshi Konishi / コニシ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-20 11:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-51 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会