電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-20 11:30
700MHz帯歩車間無線通信制御技術の検討 ~ 大都市モデルによる評価 ~
金谷浩幸PSNRD)・中岡 謙パナソニック)・二木貞樹PSNRD
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,700MHz帯を用いた路車間・車車間通信システムに歩車間通信を加えたシステムの実用化検討が進められている.本稿では,路車間・車車間通信システムと共存可能な歩車間通信システムを提案し,これらのシステムの同時実現性検証のため,複数交差点を含む大都市モデルを用いたシミュレーション評価方法を提案する.シミュレーション評価の伝搬損失推定モデルには,複数交差点及び車両を含む伝搬損失を近似できるように拡張した伊藤-多賀モデルを適用した.また,静的モデル(車両,歩行者の移動無し)および動的モデル(車両,歩行者の移動有り)によるシミュレーションを行い,評価指標として,静的モデルでは積算パケット到達率,動的モデルではノードの移動距離を用いた.本評価結果を基に路車間・車車間通信と歩車間通信の共存可能性について検証した. 
(英) The feasibility studies of appending the pedestrian-to-vehicle communication to the existed road-to-vehicle and vehicle-to-vehicle communications using 700 MHz band are actively carried out now. In this report, we propose an evaluation approach of the pedestrian-to-vehicle communication system, which can coexist with the road-to-vehicle and the vehicle-to-vehicle communication systems. Effectiveness of the evaluation method is shown by using the large city model which includes multiple street intersections. The expanded Ito-Taga model is applied for approximating propagation loss produced by mutiple street intersections as well as vehicles. The integrate packet arrival rate and the moving distance between the nodes are used for evaluation criterions of the static model and the dynamic model, respectively. The simulation results show that the coexistence of the proposed system with the present road-to-vehicle and vehicle-to-vehicle communication systems can be satisfied.
キーワード (和) 安全支援システム / 歩車間通信 / シミュレーション / / / / /  
(英) Driving safety support systems / Pedestrian-to-vehicle communication / Simulation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-50, pp. 79-84, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-50 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 700MHz帯歩車間無線通信制御技術の検討 
サブタイトル(和) 大都市モデルによる評価 
タイトル(英) Study of Pedestrian-to-vehicle communications in 700MHz band 
サブタイトル(英) Evaluation using large city model 
キーワード(1)(和/英) 安全支援システム / Driving safety support systems  
キーワード(2)(和/英) 歩車間通信 / Pedestrian-to-vehicle communication  
キーワード(3)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金谷 浩幸 / Hiroyuki Kanaya / カナヤ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) (株)パナソニックシステムネットワークス開発研究所 (略称: PSNRD)
Panasonic System Networks R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PSNRD)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中岡 謙 / Ken Nakaoka / ナカオカ ケン
第2著者 所属(和/英) パナソニック(株) R&D本部 (略称: パナソニック)
R&D Division, Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 二木 貞樹 / Sadaki Futagi / フタギ サダキ
第3著者 所属(和/英) (株)パナソニックシステムネットワークス開発研究所 (略称: PSNRD)
Panasonic System Networks R&D Lab. Co., Ltd. (略称: PSNRD)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-20 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-50 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会