お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-20 14:25
C言語による動的リコンフィギュラブルハードウェアへのWindow Joinの実装
福田エリック駿北大)・川島英之筑波大)・井上浩明NEC)・浅井哲也本村真人北大IN2013-26
抄録 (和) 近年、ハードウェアによるストリーム処理が注目されている。これまでソフトウェアエンジニアによるハードウェアの開発は難しかったが、これが可能になれば処理速度や電力効率の面で大きなメリットがある。本研究ではソフトウェアエンジニアがハードウェアを開発・利用するにはどうすればよいかを検証する。C 言語によるハードウェア開発が可能な動的リコンフィギュラブルハードウェアを用いてストリーム処理回路を実装・最適化した結果、スループットは最適化前と比べて200倍以上に向上し、CPU と比較した電力当たりのスループットは約50倍となった。しかし依然として最適化にハードウェア開発の知識が求められるため、ストリーム処理において広くハードウェアによる高速化が行われるようになるためには、今後ストリーム処理に適したプログラミングモデルの開発が必要である。 
(英) In the past, there has always been a wide gap between the skills for designing software and hardware. Now that reconfigurable hardware is attracting wide attention as a platform of stream processing, a method that bridges this gap will have a large impact on processing speed and power efficiency. In this paper we look into how a software engineer will develop and utilize a reconfigurable hardware for stream processing. Our examination of a dynamically reconfigurable hardware which features a C-based development environment showed that the throughput improves by 200 times after code optimization, and the power efficiency is 50 times higher than that of a CPU. However, a programming paradigm for stream processing is still needed for wide use of hardware acceleration.
キーワード (和) ストリーム処理 / ウィンドウ結合 / 動的リコンフィギュラブルハードウェア / / / / /  
(英) stream processing / window join / dynamically reconfigurable hardware / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 92, IN2013-26, pp. 7-12, 2013年6月.
資料番号 IN2013-26 
発行日 2013-06-13 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-26

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 福井大学 文京キャンパス アカデミーホール 
開催地(英) University of Fukui, Bunkyo Campus, Memorial Academy Hall 
テーマ(和) データ分析・処理基盤、セキュリティ・プライバシー保護技術、ネットワークコーディング、信頼性技術、DDoS、認証/ID管理、及び一般 
テーマ(英) Data Analysis/Processing Platform, Security and Privacy, Network Coding/Network Algorithms, Robustness, DDoS, Authenticaion/ID management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) C言語による動的リコンフィギュラブルハードウェアへのWindow Joinの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Writing Window Join Processor in C 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ストリーム処理 / stream processing  
キーワード(2)(和/英) ウィンドウ結合 / window join  
キーワード(3)(和/英) 動的リコンフィギュラブルハードウェア / dynamically reconfigurable hardware  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 エリック駿 / Eric Shun Fukuda / フクダ エリックシュン
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 英之 / Hideyuki Kawashima / カワシマ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 浩明 / Hiroaki Inoue / イノウエ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 哲也 / Tetsuya Asai / アサイ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 真人 / Masato Motomura / モトムラ マサト
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-20 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-26 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会