電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-20 09:30
重畳型適応ネットワーク符号化協調に適した修正LDGM符号の提案
武石直樹石橋功至山尾 泰電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数の端末から受信した情報パケットのいくつかを排他的論理和によって合成することで符号化を行い,
自身の情報パケットと重畳して伝送することで,帯域利用効率の低下なしに,高い空間ダイバーシチ利得と符号化利
得を獲得する重畳型適応ネットワーク符号化協調(ANCC: Adaptive Network Coded Cooperation) が注目を集めてい
る.しかし,重畳型ANCC では各端末が自律的に情報パケットを選択・合成するため,復号に用いる検査行列に低い
列重みが頻発し,高いエラーフロアが観測されることが知られている.本稿では重畳型ANCC の構造に着目し,列重
みを安定させる修正低密度生成行列(LDGM: Low-Density Generator Matrix) 符号を提案し,Extrinsic Information
Transfer (EXIT) チャートおよび計算機シミュレーションによりエラーフロアの低減が可能であることを示す. 
(英) Superimposed adaptive network coded cooperation (SANCC) has gained much attention since it can
obtain high diversity and coding gain, simultaneously, without reducing bandwidth efficiency while its encoding
process is performed by simple XOR operation similar to conventional network coded cooperation. However, due
to the random selection of packets at each terminal, the resulting parity check matrix has weight-1 columns which
result in the high error
oor. This paper focuses on the structure of SANCC and proposes modi ed coding scheme
to reduce weight-1 columns. Extrinsic information transfer (EXIT) charts and computer simulations con rm that
our proposed coding scheme can lower the error
oor of SANCC.
キーワード (和) 協調通信 / ネットワーク符号 / 協調ダイバーシチ / 低密度生成行列(LDGM)符号 / / / /  
(英) User cooperation / Network coding / Cooperative diversity / Low-density generator matrix codes / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 93, RCS2013-40, pp. 19-24, 2013年6月.
資料番号 RCS2013-40 
発行日 2013-06-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重畳型適応ネットワーク符号化協調に適した修正LDGM符号の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Modified LDGM Code for Superimposed Adaptive Network Coded Cooperation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調通信 / User cooperation  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク符号 / Network coding  
キーワード(3)(和/英) 協調ダイバーシチ / Cooperative diversity  
キーワード(4)(和/英) 低密度生成行列(LDGM)符号 / Low-density generator matrix codes  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武石 直樹 / Naoki Takeishi / タケイシ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 功至 / Koji Ishibashi / イシバシ コウジ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山尾 泰 / Yasushi Yamao / ヤマオ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-20 09:30:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-40 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.93 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会