お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-15 11:30
文書情報を用いた「気づき」支援システムの開発 ~ 語木による情報提示アプローチ ~
荒井豊文中京大
抄録 (和) 蓄積した文書からユーザーの情報要求に基づき抽出した情報を,語の共起関係をもとに木構造(語木)で提示することでユーザーの「気づき」を支援するシステムを開発した.
提案システムではユーザーへ提示する語情報を語木が成長するかのように段階的に表示したり,特定の語木系列のみをピックアップして表示するなど,複数の方法で情報を提示できるようにした.
これら表示方法は,人のメンタルモデルや人とシステムとのインタラクションに関する先人らの研究により得られた知見や経験則を具体的アプリケーションへ実装することを試みたものである.
情報の認知に関する人のメンタルモデルに則した情報提示を行うことで,ユーザーの「気づき」を支援できる効果が期待される. 
(英) We developed a system to support "awareness" by visualizing information which was extracted from accumulated documents based on user queries, in a tree structure (word tree) based on word co-occurrence within the text.

In the proposed system, information can be presented in multiple ways, such displaying word trees in stages as they develop, and picking out and displaying only particular word trees.
These display methods are an attempt at practical application of knowledge and heuristics gained from our predecessors' research related to human mental models and interaction between people and systems.
In relation to information recognition, it is hoped that presenting information in a way that conforms to human mental models will have the effect of providing support for user "awareness."
キーワード (和) 気づき支援 / 発想支援 / 文書検索 / 情報視覚化 / 共起分析 / / /  
(英) Awareness support / Idea Processing / Document Retrieval / Information Visualizing / Word Co-occurrence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 82, TL2013-13, pp. 69-74, 2013年6月.
資料番号 TL2013-13 
発行日 2013-06-07 (TL, NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 TL NLC  
開催期間 2013-06-14 - 2013-06-15 
開催地(和) 筑波大学(筑波キャンパス) 
開催地(英) University of Tsukuba 
テーマ(和) 言語処理・言語分析の社会応用,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2013-06-TL-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 文書情報を用いた「気づき」支援システムの開発 
サブタイトル(和) 語木による情報提示アプローチ 
タイトル(英) Development of an "awareness" support system using document data 
サブタイトル(英) An approach using word trees to present information 
キーワード(1)(和/英) 気づき支援 / Awareness support  
キーワード(2)(和/英) 発想支援 / Idea Processing  
キーワード(3)(和/英) 文書検索 / Document Retrieval  
キーワード(4)(和/英) 情報視覚化 / Information Visualizing  
キーワード(5)(和/英) 共起分析 / Word Co-occurrence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 豊文 / Toyofumi Arai / アライ トヨフミ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-15 11:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2013-13,IEICE-NLC2013-13 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.82(TL), no.83(NLC) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2013-06-07,IEICE-NLC-2013-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会