お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-14 13:00
[招待講演]教え教えられる人工物構築のための認知科学
開 一夫東大CNR2013-1
抄録 (和) 本稿は、急進的に発展する情報基盤技術を背景に、発達認知科学を基軸とした融合的アプローチによって人 間の学習を支援・促進する人工物を構成し、学習の本質を解明することを目的とたプロジェクトについて述べる。具体的には、乳幼児と学童を対象とした行動実験、脳活動の計測、イン ターネットを用いた大規模調査など複合的手法を駆使して、人間の学習を支援・促進する人工物-ペダゴジカル・マシン-が持つべき様相を明確にし、実験シス テムを実践場面で試験的に運用することで、将来の教育場面に真に役立つ科学的基盤構築のために必要な点を認知科学的視点から議論する。 
(英) This paper describes our project aiming to construct a pedagogical machine - an artifact that can help and enhance human learning. To that end, we adopt a developmental cognitive science approach revealing the mechanism of real human learning in communicative situations (e.g. mother-infant interaction). Multiple and integrative methods - behavioral experiments, brain imaging, internet research - are used to specify the features that the machine must have. The machine will be tested in a realistic situation accumulating scientific knowledge for the future education.
キーワード (和) ペダゴジカル・マシン / 母子間相互作用 / 認知科学 / / / / /  
(英) Pedagogical Machine / Mother-infant interaction / Cognitive Scinnce / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 84, CNR2013-1, pp. 1-8, 2013年6月.
資料番号 CNR2013-1 
発行日 2013-06-07 (CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CNR2013-1

研究会情報
研究会 CNR IPSJ-ITS  
開催期間 2013-06-14 - 2013-06-14 
開催地(和) 慶應大学、来往舎 
開催地(英) Raiosha, Keio Univ. 
テーマ(和) クラウドネットワークロボットの展開分野、一般 
テーマ(英) Application Area of Cloud Network Robot, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CNR 
会議コード 2013-06-CNR-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 教え教えられる人工物構築のための認知科学 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cognitive Science for producing Pedagogical Artifact 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ペダゴジカル・マシン / Pedagogical Machine  
キーワード(2)(和/英) 母子間相互作用 / Mother-infant interaction  
キーワード(3)(和/英) 認知科学 / Cognitive Scinnce  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 開 一夫 / Kazuo Hiraki / ヒラキ カズオ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-14 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CNR 
資料番号 IEICE-CNR2013-1 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.84 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-CNR-2013-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会