電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-14 09:00
[チュートリアル講演]多重波伝搬路の移動無線チャネル化に挑む
小園 茂前千葉工大)・中林寛暁千葉工大
抄録 (和) 移動通信の伝送媒体として用いる多重波伝搬路は,路上に多数の波が到来し互いに干渉しているためにstanding waveが生成されている.その中を移動しながら受信すると受信レベルはドップラー現象を含むフェージング現象を伴って激しく変動する.移動無線チャネルはこのような特性をもつ通信チャネルで構成されている.本稿は,この移動無線チャネルの特性を解説し,このチャネルで情報信号を伝送するための対策例を紹介し,その効果を示している.更に,多重波伝搬路の移動無線チャネルの解析モデルとして空間,周波数及びpathの3次元軸をもちモデルを紹介し,独立なチャネル生成方法の一挑戦として,統合された複素相関係数が紹介され,その具体例が示されている.そして多重波伝搬路の移動無線チャネル化の課題と生成に備え挑んでいる. 
(英) The challenge for creation of mobile radio channel through multipath is presented. The variation facter of received signal level (complex envelope value) through multipath is first described, that is space, frequency and propagation path. When using the multipath as mobile radio channel, the channel varies with Doppler-shift in fading. That is why the mobile radio channel needs to compensate the variation, and then the compensation technique with pilot signal is introduced and simulated by computer. As supporting the compensation of channel and creating mobile radio channel, furthermore the multipath analysis model with variation factors is introduced and the integrated correlation in a domain with space and frequency axes for various environments is presented. Thus they will serve to make a study and create a new channel in mobile radio channel.
キーワード (和) 多重波伝搬路 / 受信レベル / 移動無線チャネル / チャネル補正 / 解析モデル / 統合相関係数 / /  
(英) multipath / received signal level / mobile radio channel / channel compensation / multipath analysis model / integrated correlation / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 79, AP2013-40, pp. 31-36, 2013年6月.
資料番号 AP2013-40 
発行日 2013-06-06 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-06-13 - 2013-06-14 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多重波伝搬路の移動無線チャネル化に挑む 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Challenge for Creation of Mobile Radio Channel through Multipath 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多重波伝搬路 / multipath  
キーワード(2)(和/英) 受信レベル / received signal level  
キーワード(3)(和/英) 移動無線チャネル / mobile radio channel  
キーワード(4)(和/英) チャネル補正 / channel compensation  
キーワード(5)(和/英) 解析モデル / multipath analysis model  
キーワード(6)(和/英) 統合相関係数 / integrated correlation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小園 茂 / Shigeru Kozono / コゾノ シゲル
第1著者 所属(和/英) 前千葉工業大学 (略称: 前千葉工大)
Former Chiba Institute of Technology (略称: Former Chiba Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 寛暁 / Hiroaki Nakabayashi /
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-14 09:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-40 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.79 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会