電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-31 13:25
漫才と相声のタイミング構造の分析 ~ 芸能身体文化の日中比較 ~
趙 曼鈴木紀子阪田真己子同志社大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本稿では、日本と中国の芸能身体文化として漫才と相声に着目し、それぞれのベテラン・若手のコンビの比較を行った。漫才と相声における発話のタイミング構造と発話時の身体方向を分析した。その結果、ベテラン・若手のいずれにおいても、日本のコンビは中国のコンビよりもボケ・ツッコミの両者が間髪を入れずにしゃべっていることがわかった。日本のコンビと比べて中国のコンビのボケは、観客を向いている割合がやや高いことがわかった。 
(英) This paper focuses on Xiansheng and Manzai as a factor of performing arts in China and Japan. We analyzed timing structure of utterances and body direction when performers spoke with each other. We compared with these analytical indicators between veteran and young duo as well as between two countries. From these results, Japanese Manzai pairs took turns faster than Chinese Xiansheng duos. We obtained that the stooge of Xiansheng duos turned to the feed at higher percentage than that of Japanese duos.
キーワード (和) 芸能身体文化 / 漫才 / 相声 / タイミング構造 / 身体方向 / / /  
(英) Performing Arts / Manzai / Xiangsheng / Timing structure of utterance / Body direction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 72, HCS2013-21, pp. 167-172, 2013年5月.
資料番号 HCS2013-21 
発行日 2013-05-23 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP HCS HI-SIGCE  
開催期間 2013-05-30 - 2013-05-31 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Enhancing and Human Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2013-05-HIP-HCS-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 漫才と相声のタイミング構造の分析 
サブタイトル(和) 芸能身体文化の日中比較 
タイトル(英) Analysis of timing struture in Xiangsheng and Manzai 
サブタイトル(英) Comparative study of performing arts between China and Japan 
キーワード(1)(和/英) 芸能身体文化 / Performing Arts  
キーワード(2)(和/英) 漫才 / Manzai  
キーワード(3)(和/英) 相声 / Xiangsheng  
キーワード(4)(和/英) タイミング構造 / Timing structure of utterance  
キーワード(5)(和/英) 身体方向 / Body direction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 曼 / Man Zhao / チョウ マン
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 紀子 / Noriko Suzuki / スズキ ノリコ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 真己子 / Mamiko Sakata / サカタ マミコ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-31 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2013-21,IEICE-HIP2013-21 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.72(HCS), no.73(HIP) 
ページ範囲 pp.167-172 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2013-05-23,IEICE-HIP-2013-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会