お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-31 13:50
ラジオにおけるオープンコミュニケーションの構造
大島 優鈴木紀子阪田真己子同志社大HCS2013-22 HIP2013-22
抄録 (和) 数名での対話形式を取りながら,第三者への情報伝達を可能とするコミュニケーションは「オープンコミュニケーション」とよばれている.
本研究では,第三者に視覚情報を与えないオープンコミュニケーションであるラジオの話し手に着目し,どのような非言語的特徴が表出されるか分析をおこなった.
打ち合わせ・本番・反省会を比較した結果,近言語的特徴やジェスチャーなどを含めた会話スタイルやパーソナルスペースを変化させることで,ラジオという「場」を作り上げている可能性が示唆された. 
(英) “Open communication” is defined as a type of communication of transmitting indirect message to a third person while the speakers talk each other.
This paper focuses on an open communication style of the radio duo without any visual information to others.
We analyzed verbal and non-verbal behaviors of the radio duo in both the open communication, on the air to the audience, and the closed communication, meetings before/after on-air without any audience.
The result suggested that the radio duo might make social bonding with and the partner or audience by using the conversational style or the personal space.
キーワード (和) ラジオ放送 / オープンコミュニケーション / 非言語行動 / 会話スタイル / / / /  
(英) radio show / open communication / nonverbal behavior / conversational style / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 72, HCS2013-22, pp. 173-178, 2013年5月.
資料番号 HCS2013-22 
発行日 2013-05-23 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2013-22 HIP2013-22

研究会情報
研究会 HIP HCS HI-SIGCE  
開催期間 2013-05-30 - 2013-05-31 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Enhancing and Human Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2013-05-HIP-HCS-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラジオにおけるオープンコミュニケーションの構造 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Structure of the open communication on radio broadcast 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ラジオ放送 / radio show  
キーワード(2)(和/英) オープンコミュニケーション / open communication  
キーワード(3)(和/英) 非言語行動 / nonverbal behavior  
キーワード(4)(和/英) 会話スタイル / conversational style  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 優 / Yu Oshima / オオシマ ユウ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 紀子 / Noriko Suzuki / スズキ ノリコ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 真己子 / Mamiko Sakata / サカタ マミコ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-31 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2013-22,IEICE-HIP2013-22 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.72(HCS), no.73(HIP) 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2013-05-23,IEICE-HIP-2013-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会