お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-31 14:45
ヒューマンエラーに対する手順書の耐性検査
永藤直行プレシステム)・渡部卓雄東工大KBSE2013-11
抄録 (和) 作業手順がヒューマンエラーに対して耐性があるかどうか検査するためにモデル検証の手法を利用する.作業手順には,ヒューマンエラーによる誤り検出や復旧のためのタスクが埋め込まれているであろう.作業手順の信頼性を保持するためにそれらのタスクの有用性を検査する必要がある.本稿では,いくつかのヒューマンエラーの意味を定義し,それを作業手順のモデルに埋め込む方法を提案する.有用であることを示すために,ヒューマンエラーが埋め込まれたモデルに対して作業手順の目的としてのゴールに至るかどうかをモデル検証の手法をもちいて検査する. 
(英) We adapt a formal approach for an investigation into robustness analysis on human-made faults in procedural manuals.Detection or recovery tasks for human-made faults are probably embedded into procedural manuals.The investigation of usefulness of the tasks is important to preserve the trust of workflows in safety critical domains.We define fault semantics of several human-made faults, and then inject the faults into the model of procedural manuals.After that, using model checking technique, we verify that the injected model satisfies a property as a goal.
キーワード (和) ヒューマンエラー / 作業手順 / 耐性 / 誤り復旧 / 線形時相論理 / プロセス代数 / /  
(英) human-made fault / procedural manual / robustness / recovery / linear temporal logic / process algebra / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 71, KBSE2013-11, pp. 61-66, 2013年5月.
資料番号 KBSE2013-11 
発行日 2013-05-23 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2013-11

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2013-05-30 - 2013-05-31 
開催地(和) 慶應義塾大学 
開催地(英) Keio University 
テーマ(和) 一般・学生 
テーマ(英) General session and Student session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2013-05-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒューマンエラーに対する手順書の耐性検査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robustness Anlysis on Human-made Fault in Procedural Manuals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヒューマンエラー / human-made fault  
キーワード(2)(和/英) 作業手順 / procedural manual  
キーワード(3)(和/英) 耐性 / robustness  
キーワード(4)(和/英) 誤り復旧 / recovery  
キーワード(5)(和/英) 線形時相論理 / linear temporal logic  
キーワード(6)(和/英) プロセス代数 / process algebra  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永藤 直行 / Naoyuki Nagatou / ナガトウ ナオユキ
第1著者 所属(和/英) 有限会社 プレシステム (略称: プレシステム)
PRESYSTEMS Incorporated (略称: PRESYSTEMS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 卓雄 / Takuo Watanabe / ワタナベ タクオ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-31 14:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2013-11 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.71 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2013-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会