電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-31 13:00
視覚刺激における動き情報は輝度変化よりも高速な回避行動に寄与する
伊本拓磨寺田和憲伊藤 昭岐阜大HCS2013-24 HIP2013-24
抄録 (和) 本研究では,人の視覚に対して輝度変化と動き情報によって危険を通知した際に,どちらが高速な手の回避動作に寄与するかを調べた.実験参加者は危険通知の300ms後に手に向かって振り下ろされる棒から台座に乗せた手を回避させることを求められた.輝度変化条件では棒の先端に取り付けたLEDを点灯させることで危険通知を行った.動き条件では棒の先端を実験参加者の手に向かってわずかに動かすことで危険通知を行った.実験によって,輝度変化による危険通知に対する平均回避時間は306ms,動き情報による危険通知に対する平均回避時間は230msであり,差が76msであることが分かった.すなわち,視覚刺激における動き情報は輝度変化よりも人の高速な回避行動に寄与することが分かった. 
(英) In the present study, we investigated which of luminance change or motion cue contributes to invoke faster human hand avoiding behavior. Participants were asked to draw back their hand form a stick swinging downward to strike their right hand after dangerous notification by luminance change or motion cue. In the luminance change condition, danger was notified by blinking a red led placed on the tip of the stick. In the motion cue condition, danger was notified by moving the tip of the stick slightly toward participants' hand. The experimental result shows that average time required to start hand avoidance after danger notification is 306ms in the luminance change condition and 230ms in the motion cue condition. This indicates that humans react faster against visual motion cue than luminance change.
キーワード (和) 回避行動 / 輝度変化 / 定位変化 / 背側経路 / 第五視覚野 / / /  
(英) Avoidance behivor / Luminance change / Visual motion cue / Dorsal stream / Visual area V5 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 73, HIP2013-24, pp. 185-190, 2013年5月.
資料番号 HIP2013-24 
発行日 2013-05-23 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2013-24 HIP2013-24

研究会情報
研究会 HIP HCS HI-SIGCE  
開催期間 2013-05-30 - 2013-05-31 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Enhancing and Human Communications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2013-05-HIP-HCS-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚刺激における動き情報は輝度変化よりも高速な回避行動に寄与する 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Humans react faster against visual motion cue than luminance change 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回避行動 / Avoidance behivor  
キーワード(2)(和/英) 輝度変化 / Luminance change  
キーワード(3)(和/英) 定位変化 / Visual motion cue  
キーワード(4)(和/英) 背側経路 / Dorsal stream  
キーワード(5)(和/英) 第五視覚野 / Visual area V5  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊本 拓磨 / Takuma Imoto / イモト タクマ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 和憲 / Kazunori Terada / テラダ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 昭 / Akira Ito / イトウ アキラ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-31 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HCS2013-24,IEICE-HIP2013-24 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.72(HCS), no.73(HIP) 
ページ範囲 pp.185-190 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2013-05-23,IEICE-HIP-2013-05-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会