電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-27 13:00
Laterality of Gamma-Oscillations in Monkey Medial Motor Cortex
Ryosuke HosakaFukuoka Univ.)・Toshi NakajimaTohoku Univ.)・Kazuyuki AiharaUniv. of Tokyo)・Yoko YamaguchiRIKEN)・Hajime MushiakeTohoku Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 内側の補足運動野・前補足運動野を含むサルの運動野からは振動現象を含むLocal Field Potential (LFP) が観測される。
beta振動(10-40 Hz)は運動の準備期に出現し、運動の実行期に消失する。
パーキンソン病における自発的な運動の開始および停止が困難になるなどの運動障害から、運動状態の保持にLFPのbeta振動が関与していると考えられている。
また、gamma振動(30-200 Hz)は運動の実行期に出現することが知られている。
しかし、beta振動とgamma振動の相互作用とその機能は詳しく調べられてこなかった。
また、運動野のスパイク活動には対側性が見られるが、振動現象の対側性については研究が乏しい。
我々は2頭のサルに両手の内転・外転を2回行わせる両手順序動作課題を課し、課題中のLFPを記録した。
その結果、beta振動とgamma振動が相互補完的に出現することが明らかとなり、また、反対側の効果器の使用時にgamma振動の振幅が大きくなることが明らかとなった。
これらはbeta振動とgamma振動が運動において異なる機能を有し、相補的に機能することを示唆する。 
(英) While the medial motor areas are crucially involved in temporal organization of multiple movements in a flexible manner,
it is poorly understood the contribution of the oscillatory local field potentials (LFPs) to the renewal process of multiple motor plans.
Here we investigate modulations of the beta and gamma oscillation in the renewal process of the sequential movements in the supplementary motor area (SMA) and pre-SMA.
We trained two Japanese monkeys to perform a motor task
in which they were required to execute a series of movements based on memory of motor sequence and update memorized sequence by visual instructions.
We found the transient dominance of the gamma power over the beta power while visual instructions were delivered at the first trial for updating a motor plan during delay periods.
This complementary change of oscillatory activity was not simply related to occurrences of any sensory signals or premature execution of movement.
The gamma power attenuated and the beta power gradually enhanced during the delay periods for the same visual instructions after the first trial of updating motor plans.
We then examined if the power of gamma oscillations changed in relation to the instructed arm use (i.e., left or right arm).
We found that the oscillatory power in high-gamma range (80-200 Hz) in visually-guided 1st trial was modulated in relation to the instructed arm use.
end{eabstract}
キーワード (和) 局所脳波 / ベータ振動 / ガンマ振動 / 補足運動野 / / / /  
(英) LFP / Local Field Potential / beta oscillation / gamma oscillation / Supplementary motor area / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 69, NLP2013-9, pp. 1-5, 2013年5月.
資料番号 NLP2013-9 
発行日 2013-05-20 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2013-05-27 - 2013-05-28 
開催地(和) 福岡大学 中央図書館 多目的ホール 
開催地(英) Event hall, Central Library, Fukuoka University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-05-NLP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Laterality of Gamma-Oscillations in Monkey Medial Motor Cortex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局所脳波 / LFP  
キーワード(2)(和/英) ベータ振動 / Local Field Potential  
キーワード(3)(和/英) ガンマ振動 / beta oscillation  
キーワード(4)(和/英) 補足運動野 / gamma oscillation  
キーワード(5)(和/英) / Supplementary motor area  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 保坂 亮介 / Ryosuke Hosaka / ホサカ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 敏 / Toshi Nakajima / ナカジマ トシ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 合原 一幸 / Kazuyuki Aihara / アイハラ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 陽子 / Yoko Yamaguchi / ヤマグチ ヨウコ
第4著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 虫明 元 / Hajime Mushiake / ムシアケ ハジメ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-27 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2013-9 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.69 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2013-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会