お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-27 13:30
膝軟骨および半月板の音響特性計測
稲垣考宏井上健太鈴木昌彦山口 匡千葉大US2013-8
抄録 (和) 膝関節における軟骨や半月板の診断に超音波診断装置が用いられているが,組織の組成や構造とエコー信号から得られる情報との関係が十分に解明されていないために,イメージング結果の妥当性を検証することができない.超音波は内視鏡(関節鏡)による直接的な検査に比較して侵襲性が低いため,超音波による定量診断法の確立が求められている.そこで,エコー信号の性質を決定する主要因である生体組織の音響特性に着目し,生体超音波顕微鏡を用いて軟骨および半月板の音速および減衰を算出することで組織の組成と音響特性の関係性について検討を行った.対象はヒト軟骨,ウサギ軟骨およびウサギ半月板であり,80 MHzの超音波を用いた計測・解析を行った. 
(英) Clinical ultrasound diagnosis equipment is used for the diagnosis for the knee joints. However, quantitative evaluation of a tissue structure and a tissue property is difficult, since the relationship between the tissue properties and acoustic properties is unclear. In this research, we tried to measure the speed of sound and the attenuation of human cartilages,rabbit cartilages and rabbit meniscuses by bioacoustics microscopy with 80 MHz center frequency ultrasound.
キーワード (和) 生体超音波顕微鏡 / 軟骨 / 半月板 / 音響特性 / 音速 / 減衰 / 組織性状診断 /  
(英) bioacoustic microscopy / cartilage / meniscus / acoustic characteristics / speed of sound / attenuation / tissue characterization /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 68, US2013-8, pp. 1-6, 2013年5月.
資料番号 US2013-8 
発行日 2013-05-20 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2013-8

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2013-05-27 - 2013-05-27 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2013-05-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 膝軟骨および半月板の音響特性計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of acoustic characteristics in knee cartilage and meniscus 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体超音波顕微鏡 / bioacoustic microscopy  
キーワード(2)(和/英) 軟骨 / cartilage  
キーワード(3)(和/英) 半月板 / meniscus  
キーワード(4)(和/英) 音響特性 / acoustic characteristics  
キーワード(5)(和/英) 音速 / speed of sound  
キーワード(6)(和/英) 減衰 / attenuation  
キーワード(7)(和/英) 組織性状診断 / tissue characterization  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲垣 考宏 / Takahiro Inagaki / イナガキ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 健太 / Kenta Inoue / イノウエ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 昌彦 / Masahiko Suzuki / スズキ マサヒコ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 匡 / Tadashi Yamaguchi / ヤマグチ タダシ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-27 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2013-8 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.68 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2013-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会