電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-25 10:30
標準QRコードと互換性を有するカラーコードの検討
菊池真徳藤吉正明貴家仁志首都大東京EMM2013-11
抄録 (和) 本稿では,多くのデータ量を格納可能で,かつ標準のQRコードと互換性を有するカラーQRコードを提案する.提案法では,YCbCr色空間のそれぞれにQRコードの情報を持たせることによって,標準のQRコードデコーダを用いた場合にはY成分の情報が読み取られ,専用のデコーダを用いた場合にはさらにCb,Cr成分の情報が読み取られる.QRコードの格納データ量の増加を目的とした従来法では,電子透かしを用いた方法やカラー化による方法が検討されている.しかし,標準のQRコードとの互換性の観点から,より多くの情報を格納可能なカラーQRコードは検討されていない. 
(英) This paper proposes a new colored QR code which complaints with the standard QR code for increasing the conveyable capacity of encoded information. The proposed method puts three QR codes to each color component of YCbCr color space so that one information are decoded from Y component of the colored QR code by a standard QR decoder and a proprietary decoder further decodes two more information from Cb and Cr components. Even several methods have been proposed to increase the capacity of QR codes which are based on digital watermarking technique and based on colorization, no colored QR code has been studied from the perspective of compatibility to the standard QR code.
キーワード (和) 二次元コード / カラーQRコード / YCbCr色空間 / 大容量化 / 電子透かし / / /  
(英) two-dimensional code / colored QR code / YCbCr color space / capacity enlargement / digital watermark / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 66, EMM2013-11, pp. 61-66, 2013年5月.
資料番号 EMM2013-11 
発行日 2013-05-17 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2013-11

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2013-05-24 - 2013-05-25 
開催地(和) 高知城ホール 
開催地(英) Kochijyo Hall 
テーマ(和) ポスターセッション、一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2013-05-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 標準QRコードと互換性を有するカラーコードの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Coler Code Compliant with the Standard QR Code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 二次元コード / two-dimensional code  
キーワード(2)(和/英) カラーQRコード / colored QR code  
キーワード(3)(和/英) YCbCr色空間 / YCbCr color space  
キーワード(4)(和/英) 大容量化 / capacity enlargement  
キーワード(5)(和/英) 電子透かし / digital watermark  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 真徳 / Masanori Kikuchi / キクチ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 正明 / Masaaki Fujiyoshi / フジヨシ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-25 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-11 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.66 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2013-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会