お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-24 13:45
オプティカルフローを用いた咀嚼回数のリアルタイム計測
宮中 大千葉優輝早川吉彦北見工大IE2013-13 PRMU2013-6 MI2013-6
抄録 (和) 虫歯や歯周病,顎関節症などを引き起こす原因として,摂食時における咀嚼の回数の減少が指摘されている.問題なのが,人々がよく噛んで食べていないことを自覚していないということだ.そこで我々は,webカメラで撮影した画像に処理を施し,顔検出・顔の各器官の領域抽出・咀嚼の検出・咀嚼波形の描画を行うシステムの開発を目指した.OpenCVライブラリの顔検出を利用し,検出された顔領域の座標を用いて鼻や口の各顔器官周辺の領域を指定した.咀嚼の検出については,顔の各器官の中で局所的な動きがほぼない鼻領域と,口・顎周辺の領域の2つの画像を作成し,エッジ抽出などの画像処理を施した.さらにオプティカルフローを利用しそれぞれの画像中における特徴点の移動量の差異を用いることで実現した.これらの方法を用いて,リアルタイムかつ非接触で咀嚼の回数を計測するシステムの実現を目指した. 
(英) The reason of decayed caries tooth, periodontal disease and temporomandibular joint disorder is usually declared for reducing of frequency of chewing during meals. People usually do not chew well when eating and the problem is that they didn’t sense the situation. We therefore tried to develop a system which includes the face detection, region extraction of facial organs, mastication detection and the output of mastication waveform. The system is based on the processing on the images captured by web camera. Firstly the face detection was carried out by the OpenCV library and then specified the nose and mouse surrounding area based on the coordinate of the detected face region. Concerning the mastication detection, we created the nose region image and mouth and jaw region image, and did the edge extraction on them. We focused on that there is almost not local motion on the two regions we selected. We focused on two regions, namely one of two is almost motionless and the other is in motion during the mastication. Moreover, the optical flow was employed to detect the movement of extracted features quantitatively. Based on the methods we used, the real-time and touchless masticatory frequency detection system chewing cycle counter system was realized.
キーワード (和) 咀嚼 / エッジ抽出 / OpenCV / オプティカルフロー / 顔検出 / 顔認識 / 非接触 /  
(英) mastication / edge detection / OpenCV / Optical Flow / face detection / face recognition / touchless /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 64, MI2013-6, pp. 31-34, 2013年5月.
資料番号 MI2013-6 
発行日 2013-05-17 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2013-13 PRMU2013-6 MI2013-6

研究会情報
研究会 PRMU MI IE  
開催期間 2013-05-24 - 2013-05-25 
開催地(和) 愛知工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像の計測・認識・理解,少子高齢化社会の課題 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2013-05-PRMU-MI-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オプティカルフローを用いた咀嚼回数のリアルタイム計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The real-time mastication measurement using Optical Flow techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 咀嚼 / mastication  
キーワード(2)(和/英) エッジ抽出 / edge detection  
キーワード(3)(和/英) OpenCV / OpenCV  
キーワード(4)(和/英) オプティカルフロー / Optical Flow  
キーワード(5)(和/英) 顔検出 / face detection  
キーワード(6)(和/英) 顔認識 / face recognition  
キーワード(7)(和/英) 非接触 / touchless  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮中 大 / Dai Miyanaka / ミヤナカ ダイ
第1著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 優輝 / Yuki Chiba / チバ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 吉彦 / Yoshihiko Hayakawa /
第3著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-24 13:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-IE2013-13,IEICE-PRMU2013-6,IEICE-MI2013-6 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.62(IE), no.63(PRMU), no.64(MI) 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IE-2013-05-17,IEICE-PRMU-2013-05-17,IEICE-MI-2013-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会