電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-24 10:00
Vision Switchの実現に向けた被注視検知の基礎検討
山崎泰幸筑波大)・溝口 博東京理科大)・福井和広筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,”Vision Switch”の実現に向けて,人がある対象を注視しているか否かの情報(対象側からみると被注視)を検知する方法を探る.Vision Switchとは,ユーザの被注視を検知する機能をスイッチ化したコンセプトであり,対象機器などに搭載されたカメラを用いて,様々な機器を非接触で制御できる知的スイッチとして具現化される.従来,このような機能を実現するためには,まず視線推定を行い,その結果に基づいて被注視を検知することになる.これに対して,本稿では被注視検知の問題を注視パターンと非注視パターンの2クラス識別問題として扱う.この時,1枚の静止画像だけでは両者を安定に判別することは困難と考えられるので,一定時間に撮りためられた動画像列を用いて識別する.また,ユーザからの被注視を高精度に検知するためには,視線方向と顔向きを同時に考慮する必要がある.提案手法では,目周辺を大きく切り出した画像と顔全体を含む画像を連結した画像を識別対象とする.評価実験では,提案する被注視の検知の基本動作を検証し,Vision Switchの実現に向けて被注視検知の可能性を探る. 
(英) In this paper, we propose a method for detecting visual attention towards a "Vision Switch", which is a new concept of intelligent switch. It can be realized as an intelligent switch to control various devises without contact. In conventional method, to implement these functions, it detects visual attention based on the result of gaze estimation. On the other hand, we handle gaze detection as a 2-class classification problem of attention and non-attention. It is difficult to detect visual attention with only an image, we apply statistical pattern recognition to movies. In additon, to detect user's visual attention accurately, we should consider both the head and eye direction. Thus, we connect images of around eyes and whole face, then classify the connected images. The effectiveness of the proposed method for detecting visual attention is demonstrated through several basic experiments.
キーワード (和) 被注視 / 視線推定 / 瞳検出 / 顔画像処理 / カーネル直交相互部分空間法 / / /  
(英) Gaze / Pupil Detection / Face Image Processing / Kernel Orthogonal Mutual Subspace Method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 63, PRMU2013-1, pp. 1-6, 2013年5月.
資料番号 PRMU2013-1 
発行日 2013-05-17 (IE, PRMU, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MI IE  
開催期間 2013-05-24 - 2013-05-25 
開催地(和) 愛知工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像の計測・認識・理解,少子高齢化社会の課題 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-05-PRMU-MI-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Vision Switchの実現に向けた被注視検知の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gaze Detection Towards a Vision Switch 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 被注視 / Gaze  
キーワード(2)(和/英) 視線推定 / Pupil Detection  
キーワード(3)(和/英) 瞳検出 / Face Image Processing  
キーワード(4)(和/英) 顔画像処理 / Kernel Orthogonal Mutual Subspace Method  
キーワード(5)(和/英) カーネル直交相互部分空間法 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 泰幸 / Yasuyuki Yamazaki / ヤマザキ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 溝口 博 / Hiroshi Mizoguchi / ミゾグチ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 和広 / Kazuhiro Fukui / フクイ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-24 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-IE2013-8,IEICE-PRMU2013-1,IEICE-MI2013-1 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.62(IE), no.63(PRMU), no.64(MI) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2013-05-17,IEICE-PRMU-2013-05-17,IEICE-MI-2013-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会