お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-24 14:00
電子透かし統一基準に準拠した攻撃ツールの作成
岩村惠市・○玉井裕太東京理科大EMM2013-2
抄録 (和) 著作権保護技術として期待されている電子透かしはStirMarkやJEWELS等に代表されるような公開のベンチマークツールはあるものの、統一された評価基準というものがなく、そのためその実用性や安全性は疑問視されている。そこで評価に関する統一基準を設け、それをクリアする実用的な電子透かし技術を確立しようとしているのがIHC研究会である。IHC研究会は静止画像、動画像、音響に対する電子透かしを対象としているが、いずれもその基準への達成度を測るベンチマークツールが存在しない。そこで、本研究ではIHC研究会の提唱する静止画像系の統一基準の中心となる2012年度の”圧縮”と2013年度の”切り取り“の攻撃を実装したベンチマークツールを作成したので、紹介する。 
(英) Technology of the digital watermark is developed for preventing illegal copying and falsification of digital contents. The attack tool for the digital watermark (benchmark tool) is necessary to measure strength of the digital watermark. For example, Stir Mark and JEWELS are already developed as the attack tool. But we thought that functions of existing attack tools are not enough. Therefore, this research is aimed at developing of attack tool for the digital watermark that has more excellent functions, which are supporting attacks using plural images and have graphical user interface and so on, than an existing attack tool. On the other hand, it is aimed at developing of new attack function for new standard proposed by IHC.
キーワード (和) 電子透かし / ベンチマークツール / StirMark / JEWELS / IHC研究会 / 圧縮 / 切り取り / TUSKMARK  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 66, EMM2013-2, pp. 7-12, 2013年5月.
資料番号 EMM2013-2 
発行日 2013-05-17 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2013-2

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2013-05-24 - 2013-05-25 
開催地(和) 高知城ホール 
開催地(英) Kochijyo Hall 
テーマ(和) ポスターセッション、一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2013-05-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子透かし統一基準に準拠した攻撃ツールの作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Developing of benchmark tool based on the unification standard for digital watermarking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし /  
キーワード(2)(和/英) ベンチマークツール /  
キーワード(3)(和/英) StirMark /  
キーワード(4)(和/英) JEWELS /  
キーワード(5)(和/英) IHC研究会 /  
キーワード(6)(和/英) 圧縮 /  
キーワード(7)(和/英) 切り取り /  
キーワード(8)(和/英) TUSKMARK /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 惠市 / Keiichi Iwamura / イワムラ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉井 裕太 / Yuta Tamai / タマイ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-24 14:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-2 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.66 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2013-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会