電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-24 09:45
DTNを対象としたONEシミュレータとScenargieの機能比較と考察
金田 茂Space-Time Engineering/阪大)・前野 誉スペースタイムエンジニアリング)・高井峰生UCLA/阪大)・樫原 茂奈良先端大)・山口弘純東野輝夫阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,既存のシミュレータであるONEシミュレータとScenargieを取り上げ,DTN(Delay/Disruption Tolerant Network)に関するシミュレーション評価を行う上で提供されている機能や必要となる機能の比較を行った.シミュレーション作業における1)シナリオ構築,2)シミュレーション,3)結果の分析・可視化の各プロセスにおいて比較を行い,双方のシミュレータにおける利点や強化が必要な機能を明らかにした. ONEは,DTN向けのルーティングプロトコルが充実しているため既存モデルと比較評価を行いやすいが,無線通信システムは極端に抽象化されている.無線通信システム部分をより現実的なモデルに置き換えることや他のネットワークシミュレータと組み合わせることでより現実的で効果的なDTNのシミュレーションが行える.一方,Scenargieは,シナリオ構築機能や分析・可視化機能が充実し,モビリティに関する自由度も高いが,ルーティングプロトコルなどDTNに特化した機能が不足している.よって,DTN向けのルーティングプロトコルを提供することなどで,より広くDTNの研究者や開発者の研究開発活動の効率化や高度化に寄与できる. 
(英) In this paper, we compared the offered and required functions of the existing simulators, the ONE simulator and Scenargie, for DTN (Delay/Disruption Tolerant Network) simulations. We have clarified the advantages and disadvantages of each simulator at three simulation processes which are 1) scenario creation, 2) simulation, and 3) analysis and visualization of simulation results. The ONE simulator provides various routing protocols for DTN. That is good for comparison with the existing DTN rouging algorithms. However, since the ONE makes wireless communication system model abstract, it may result in the incorrectness of simulation results. Therefore, it is better to use the ONE with more realistic wireless network model or supplemental network simulator. On the other hand, Scenargie provides user-friendly scenario creation, results analysis, and visualization capabilities through GUI. However, Scenargie offers limited routing protocols for DTN. If Scenargie provides the existing routing protocols for DTN, it will contribute to make more effective and sophisticated simulation study for DTN.
キーワード (和) DTN(Delay/Disruption Tolerant Network) / シミュレータ / ONE / Scenargie / 無線ネットワーク / / /  
(英) DTN(Delay/Disruption Tolerant Network) / Simulator / ONE / Scenargie / wireless network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 56, MoNA2013-7, pp. 107-111, 2013年5月.
資料番号 MoNA2013-7 
発行日 2013-05-16 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-DPS IPSJ-MBL  
開催期間 2013-05-23 - 2013-05-24 
開催地(和) 石垣市民会館 (沖縄県, 石垣市) 
開催地(英) Ishigaki City Hall 
テーマ(和) モバイルアプリケーション、ユビキタスサービス、モバイル分散クラウド、モバイルアドホックネットワーク、センサネットワーク、モバイルネットワークおよび一般 
テーマ(英) Mobile application, Ubiquitous service, Mobile distributed cloud, Mobile ad hoc network, Sensor network, Mobile network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-05-MoNA-DPS-MBL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DTNを対象としたONEシミュレータとScenargieの機能比較と考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Functional Comparison of ONE Simulator and Scenargie for DTN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DTN(Delay/Disruption Tolerant Network) / DTN(Delay/Disruption Tolerant Network)  
キーワード(2)(和/英) シミュレータ / Simulator  
キーワード(3)(和/英) ONE / ONE  
キーワード(4)(和/英) Scenargie / Scenargie  
キーワード(5)(和/英) 無線ネットワーク / wireless network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 茂 / Shigeru Kaneda / カネダ シゲル
第1著者 所属(和/英) Space-Time Engineering, LLC./大阪大学 (略称: Space-Time Engineering/阪大)
Space-Time Engineering, LLC./Osaka University (略称: Space-Time Engineering/Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前野 誉 / Taka Maeno / マエノ タカ
第2著者 所属(和/英) 株式会社スペースタイムエンジニアリング (略称: スペースタイムエンジニアリング)
Space-Time Engineering Japan, Inc. (略称: Space-Time Engineering)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 峰生 / Mineo Takai / タカイ ミネオ
第3著者 所属(和/英) カリフォルニア大学ロサンゼルス校/大阪大学 (略称: UCLA/阪大)
University of California, Los Angeles/Osaka University (略称: UCLA/Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫原 茂 / Shigeru Kashihara / カシハラ シゲル
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 弘純 / Hirozumi Yamaguchi / ヤマグチ ヒロズミ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-24 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2013-7 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.56 
ページ範囲 pp.107-111 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MoNA-2013-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会