電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-24 17:40
[ポスター講演]生体情報を用いた認印型デジタル署名:Lazy Signature
米山裕太静岡大)・高橋健太日立)・本部栄成西垣正勝静岡大
抄録 (和) 現在のデジタル署名は,実印における印鑑登録制度を電子文書に対して実現しているものである.ただし,実社会においては実印の使用は稀で,認印がより広く使用されている.認印は,本人が押印したことが認められれば法的効力においては実印と差がなく,事前登録が不要で手軽に利用できる.本稿では,個人に固有な生体情報を用いることで事後否認を防止でき,事前登録が不要という認印のメリットを持つデジタル署名方式を提案する. 
(英) The conventional digital signature is implemented and operated as the function of registered stamp or signature for digital documents. In the real world, however, it is rare to use registered stamps or signatures, and non-registered ones are more used often. If it is possible to apply non-registered stamp/signature system to digital world, it is expected that digital signature will become more useful and effective. To achieve this, it is vital to ensure that “the signing key is not registered, but still repudiation is prevented”. So, we propose to combine digital signature and biometric signature to connect signing key and signer with each other. Thus, a non-registered digital signature, Lazy Signature, is realized in this paper.
キーワード (和) デジタル署名 / バイオメトリクス / 認印 / / / / /  
(英) Digital signature / Biometrics / Non-registered signature / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2013-05-24 - 2013-05-24 
開催地(和) 富山県立大学 
開催地(英) Toyama Prefectural University 
テーマ(和) 学生による発表会,バイオメトリクス,一般 MBE研究会(第一種研究会)併催 
テーマ(英) Workshop for student, Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2013-05-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生体情報を用いた認印型デジタル署名:Lazy Signature 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lazy Signature: A non-registered Digital Signature Using Biometrics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタル署名 / Digital signature  
キーワード(2)(和/英) バイオメトリクス / Biometrics  
キーワード(3)(和/英) 認印 / Non-registered signature  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米山 裕太 / Yuta Yoneyama / ヨネヤマ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 健太 / Kenta Takahashi / タカハシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Ltd. (略称: Hitachi Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本部 栄成 / Eisei Honbu / ホンブ エイセイ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西垣 正勝 / Masakatsu Nishigaki / ニシガキ マサカツ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-24 17:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 BioX 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会