電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-24 10:10
re-GPS: MDTにおける屋外移動推定による再測位
泉川晴紀杉山敬三KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,セルラシステムなど無線システムのカバレッジ情報(例えば,受信信号強度)と位置情報とから構成される測定レポートを移動端末から収集することで,カバレッジの問題把握や対策立案に活かす検討を行っており,また,3GPPにおいてもMDT(Minimization of Drive Tests)と呼ばれる同様の取り組みがなされている.それらの取り組みでは,カバレッジ情報を収集した「位置」が非常に重要になってくる.しかしながら,GPS測位を行えない屋内では,セルラ基地局に基づく測位等代替技術が用いられるが,測位誤差が大きくなるという課題がある.そのため,屋内のカバレッジに問題のある建物等を特定できるような情報を収集することが必要となる.筆者らは,まず,移動機が屋内から屋外へ移動する際のセルラ受信信号強度の変化を様々な場所で検証した.その結果,移動機が建物出口に近づくにつれて,受信信号強度が急激に高まることが分かった.そこで,本稿では,屋内でのGPS測位に失敗した後,セルラ受信信号強度をモニタし,その変動から移動機が屋外へ出たことを推定してGPS再測位を実施するre-GPSと呼ぶ手法を提案する.re-GPSにより,再測位結果が当該建物周辺に集まると,当該建物内にカバレッジ問題があることを推測できる.筆者らは,re-GPSをAndroidスマートフォンに実装し,フィールドトライアルを実施した.その結果,re-GPSは常に屋外移動を正しく推定できたわけでは無かったが,屋内のカバレッジ問題箇所を推定する一助になることが分かった. 
(英) Some studies, including minimization of drive-tests (MDT) in 3GPP, have considered gathering coverage information such as poor radio signal strength, with the position from mobile terminals, which is valuable for cellular operators in determining coverage problems and devising optimum countermeasures. In such studies, position information related to coverage information is of utmost importance. However, GPS does not work indoors; therefore, it is difficult to determine a building where there is a coverage hole since position error increases when using another localization technique, such as Cell-ID positioning is used. Therefore, it is necessary to acquire information that indicates the building. We first investigated how signal strength behaves when the terminal moves out in several situations and found that the signal strength was rapidly enhanced as the terminal approached the entrance of a building. Then, in this paper, we propose re-GPS, which estimates that the mobile terminal moves out from an indoor space after the GPS positioning failed and starts GPS positioning again. The re-GPS leverages the transition of cellular signal strength to estimate the move-out. Using the re-GPS, repositioned information is expected to be concentrated close to the building, which implies that the building can have a coverage hole. For the evaluation of the re-GPS, we implemented the re-GPS on a smartphone with the Android operating system. Through field trials using the smartphone, we found that it did help acquire a more exact position with coverage information while the re-GPS could not always detect the move-out.
キーワード (和) 位置測位 / MDT / Minimization of Drive-Tests / / / / /  
(英) Localization / positioning / MDT / Minimization of Drive-Tests / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 56, MoNA2013-8, pp. 113-117, 2013年5月.
資料番号 MoNA2013-8 
発行日 2013-05-16 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-DPS IPSJ-MBL  
開催期間 2013-05-23 - 2013-05-24 
開催地(和) 石垣市民会館 (沖縄県, 石垣市) 
開催地(英) Ishigaki City Hall 
テーマ(和) モバイルアプリケーション、ユビキタスサービス、モバイル分散クラウド、モバイルアドホックネットワーク、センサネットワーク、モバイルネットワークおよび一般 
テーマ(英) Mobile application, Ubiquitous service, Mobile distributed cloud, Mobile ad hoc network, Sensor network, Mobile network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2013-05-MoNA-DPS-MBL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) re-GPS: MDTにおける屋外移動推定による再測位 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) re-GPS: Repositioning with Move-out Estimation in Minimization of Drive Tests 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置測位 / Localization  
キーワード(2)(和/英) MDT / positioning  
キーワード(3)(和/英) Minimization of Drive-Tests / MDT  
キーワード(4)(和/英) / Minimization of Drive-Tests  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉川 晴紀 / Haruki Izumikawa / イズミカワ ハルキ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 敬三 / Keizo Sugiyama / スギヤマ ケイゾウ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI R&D Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-24 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2013-8 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.56 
ページ範囲 pp.113-117 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MoNA-2013-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会