お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-21 14:10
FPGAサウンドシンセサイザとそのユーザインタフェースについて
落合 優・○山口佳樹児玉祐悦筑波大RECONF2013-16
抄録 (和) サウンドコンピューティングにおける技術革新はディジタルシンセサイザの性能向上をもたらし、モバイルコンピューティングを初めとするさまざまな応用分野で利用されている。そして現在、路上の演奏者とネットワーク上の(そして場合によっては仮想の) 演奏者がリアルタイムで協奏するなど、新しい形の利用も広がっている。このため、新しい利用形態にも対応できる、より高性能なサウンドコンピューティングが要求されている。一方で、現在のモバイル機器に実装されている組み込みプロセッサの性能はそれらので要求される演算を実現するには不十分であり、何らかの解決が求められる。そこで、本稿では音に対するプログラマビリティを持つフレキシブルなハードウェアシンセサイザについて提案する。まず初めに、FPGA で回路規模の削減による並列計算の可能性について、続いて各モジュールで実現される音品質について議論をする。また、使用者がHDL などの知識が持たなくても設計できるような、シンセサイザ設計用GUI についても提案する。 
(英) Digital synthesizers have laid the groundwork for the significant advances in sound computing and it spreads worldwide. To perform the live music, high-quality and high-speed sound computation should be proposed for mobile computing. However, it has not been implemented because of its scarce computational power. Toward the play of a symphony on a single mobile device, this paper proposes a flexible sound synthesizer which has the programmability of internal modules. As the first step, this paper proposes the design of high-quality basic modules which considers the amount of the circuits for parallel computation on an FPGA. These modules adopt the CORDIC methods and it enabled a small-sized FPGA to hold many modules. It was also verified from the viewpoint of sound quality and circuit size in this paper. In addition, the graphical user interface is introduced and it will be good for designing the original synthesizer.
キーワード (和) FPGA / 信号処理 / サウンドシンセサイザ / CORDIC / / / /  
(英) FPGA / Signal Processing / Sound / CORDIC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 52, RECONF2013-16, pp. 85-90, 2013年5月.
資料番号 RECONF2013-16 
発行日 2013-05-13 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2013-16

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2013-05-20 - 2013-05-21 
開催地(和) 高知県民文化ホール 
開催地(英) Kochi Prefectural Culture Hall 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2013-05-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGAサウンドシンセサイザとそのユーザインタフェースについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An FPGA-based Sound Synthesizer and its GUI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) 信号処理 / Signal Processing  
キーワード(3)(和/英) サウンドシンセサイザ / Sound  
キーワード(4)(和/英) CORDIC / CORDIC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 優 / Suguru Ochiai / オチアイ スグル
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 佳樹 / Yoshiki Yamaguchi / ヤマグチ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 祐悦 / Yuetsu Kodama / コダマ ユエツ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-21 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2013-16 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2013-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会