お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-21 11:25
故障耐性をもつFPGA-IPコアの提案
尼崎太樹井上万輝趙 謙飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2013-13
抄録 (和) 本論文ではシステムLSI に搭載するFPGA-IP コアを対象に,物理故障に対し耐故障性をもつFPGA アー
キテクチャの提案を行う.本提案IP コアは(1)設計用途に応じたスケーラビリティをもち,(2)アーキテクチャレベ
ルで故障回避を行う点を特徴としている.提案FPGA-IP コアは複数のタイルアレイ領域に分割される.タイルアレ
イは通常のFPGA と同様のタイルおよび故障回避用のスペアタイルで構成される.ひとたび故障を検出すると,タイ
ルアレイ内にて列単位で回路構成情報をシフトし故障回避を行う.様々なタイルアレイサイズにおいて回路性能と故
障耐性に関する評価を行った結果,タイル総数の1%までの故障に対し約90%の故障回避成功率が得られることがわ
かった.この際,通常のFPGA と比較した場合の性能低下は面積で2.2 倍,速度で1.3 倍に抑えることができた. 
(英) In this paper, we propose fault-tolerant FPGA -IP cores for system LSI. Unlike discrete FPGAs, in
which the integration scale can be made relatively large, programmable IP cores must correspond to arrays of
various sizes. The key features of our architectures are regular tile structure, spare modules and bypass wires
for fault avoidance, and con guration mechanism for single-cycle recon guration. We also develop routing tools,
namely EasyRouter for proposed architecture. This tool can handle various array sizes corresponding to developed
programmable IP cores. In this evaluation, we compared the performances of conventional FPGA and the proposed
fault-tolerant FPGA architectures. On average, our architectures have less than 2.2 times the area and 1.3 times
the delay compared with conventional FPGA architectures. At the same time, conventional FPGAs cannot tolerate
faults, whereas our architectures perform with a 90% success rate in fault avoidance for a ratio of faulty tiles of 1%.
キーワード (和) FPGA-IPコア / ディペンダブル / / / / / /  
(英) FPGA-IP core / dependable / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 52, RECONF2013-13, pp. 67-72, 2013年5月.
資料番号 RECONF2013-13 
発行日 2013-05-13 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2013-13

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2013-05-20 - 2013-05-21 
開催地(和) 高知県民文化ホール 
開催地(英) Kochi Prefectural Culture Hall 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2013-05-RECONF 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 故障耐性をもつFPGA-IPコアの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A defect-robust FPGA-IP core architecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA-IPコア / FPGA-IP core  
キーワード(2)(和/英) ディペンダブル / dependable  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / アマガサキ モトキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 万輝 / Kazuki Inoue / イノウエ カズキ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 謙 / Qian Zhao / チョウ ケン
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 守弘 / Morihiro Kuga / クガ モリヒロ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第6著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-21 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2013-13 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2013-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会