電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-17 14:50
実世界における多属性情報を用いた名前解決方法
川原亮一斎藤 洋NTTIN2013-23
抄録 (和) 将来,遍在する膨大な数の多様なobject(電化製品,センサ等を含む通信機器) がネットワー
クに接続されるようになった際,objectに予め一意に付与された名前や論理アドレス(URL,携帯電話番号等)を用いる代わりに,例えば,目の前で落し物をした
自転車に乗っている人と通信したい,あるいは,ある地域である時間帯に20度以
上の温度を示したセンサと通信したい,といった実世界情報と関連付けた条件を
直接指定して名前を
解決したい場合を想定する.
本稿では,objectが実世界における属性:値の組による情報
(例えば,{デバイス種別:~気温センサ},~{時刻:~2013/1/31/10:00},~{緯度:~XX},~{経度:~YY},~{気温:~$20^circ$C})
を有するとし,これら複数属性:値の組に対して条件指定を行うことで名前を解決する
方法を述べる.条件指定の例としては,
[{デバイス種別=気温センサ},~{時刻=2013/1/31/0:00-12:00の間
},~{$x_l le$緯度$le x_h$},~{$y_l le$
経度$le y_h$},~{$10^circ$C$le$気温$le15^circ$C}]となる.
また,属性の数(次元数)の増加に伴い検索コストが大きくなる問題 (次
元の呪いに関わる問題)に対処する方法として,誤検出率を一定値に抑えつつ計
算量を削減する確率的検索法についても述べる. 
(英) It is expected that a huge number of various types
of objects such as sensor-devices, mobile terminals, and
home-appliances existing everywhere will be connected to future networks. In such networks, we
consider that we conduct name resolution based on a set of
attribute-value pairs in real world information, instead of using
an uniquely assigned name, e.g., URL or logical address such as cell
phone number used in existing networks. For example, we conduct name
resolution by specifying the condition like ``I want to communicate with the person
passing through this place with a bike who has dropped something'' or ``I want
to access sensor-devices with temperature $geq 20^circ$C''.
In this paper, assuming that each object has a set of
{attribute:value} pairs, e.g.,
{device-type:~thermometer}, {time:~2013/1/31/10:00},
{latitude:~XX}, {longitude:~YY}, {temperature:~$20^circ$C}, we propose a
method of name resolution by generating a query indicating required
constraints over
the values of the attributes like [{device-type=thermometer},
{time is within 2013/1/31/0:00-12:00},
{$x_l le$latitude$le x_h$}, {$y_l le$longitude$le y_h$}, {$10^circ$C$le$temperature$le
15^circ$C}].
To tackle the issue that multi-dimensional searching algorithms may not work well when the number of attributes
(i.e., dimensions) increases, which is related to curse of
dimensionality, we also propose a probabilistic searching algorithm to reduce searching
time at the expense of a small probability of false positives.
キーワード (和) 名前解決 / 実世界情報 / 多属性 / 検索 / 次元の呪い / / /  
(英) name resolution / real world information / set of attribute-value pairs / search / curse of dimensionality / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 36, IN2013-23, pp. 65-70, 2013年5月.
資料番号 IN2013-23 
発行日 2013-05-09 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-23

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ワイヤレスインターネット,マルチホップネットワーク,メッシュネットワーク,ネットワーク符号化,クロスレイヤ技術,無線通信および一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実世界における多属性情報を用いた名前解決方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Name resolution based on a set of attribute-value pairs in real world information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 名前解決 / name resolution  
キーワード(2)(和/英) 実世界情報 / real world information  
キーワード(3)(和/英) 多属性 / set of attribute-value pairs  
キーワード(4)(和/英) 検索 / search  
キーワード(5)(和/英) 次元の呪い / curse of dimensionality  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara / カワハラ リョウイチ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 洋 / Hiroshi Saito / サイトウ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-17 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-23 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会