電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-17 10:45
OpenFlowを用いたCCNアーキテクチャおよびルータの実装
大岡 睦阪大)・阿多信吾阪市大)・小出俊夫下西英之NEC)・村田正幸阪大IN2013-19
抄録 (和) 将来ネットワークの一つとして,コンテンツセントリックネットワーク(Content-Centric Network; CCN) が検討されている.しかし,CCN の設計は既存の枠組みに捉われない全く新しいネットワークであり,現在のインターネットからCCNへと移行するためには,段階的な展開戦略が必要だけでなく新規手法を検証するための試験用環境も十分ではない.比較的短期に実現可能な手法としてOpenFlow による CCN の導入が検討されているが、これらは設計方針に関する議論はなされているものの,具体的な実装についての議論は不十分である.本稿では,最長プレフィックスマッチングなどの CCN の重要な特徴を失うことなく,名前に基づくフォワーディングとエンド間通信を実現するための,OpenFlow ネットワークの設計および実装を行う.コンテンツ名を階層的に構成されたハッシュ値へと変換する手法を新たに導入することで,OpenFlow の高速性を維持しつつCCN が実現可能であることを明らかにし、既存研究におけるマッチング時の問題も解消する. 
(英) Content-Centric Networking (CCN) is a novel architecture for dealing with various problems facing the Internet. However, there are deployment issues and the shortage of testbed environments. We focus on OpenFlow, which is a programmable environment without disrupting existing networks. Specific implementations of CCN using OpenFlow have not been examined in sufficient detail, although there have been investigations into the conceptual design. Our approach can solve the issues in existing designs by using a map from content names to hierarchically structured hash values and the longest prefix match.
キーワード (和) 新世代ネットワーク / コンテンツセントリックネットワーク (CCN) / ネットワークアーキテクチャ / OpenFlow / ルーティング / / /  
(英) Future Networks / Contens-Centric Networking / Architecture / OpenFlow / Routing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 36, IN2013-19, pp. 43-48, 2013年5月.
資料番号 IN2013-19 
発行日 2013-05-09 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-19

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ワイヤレスインターネット,マルチホップネットワーク,メッシュネットワーク,ネットワーク符号化,クロスレイヤ技術,無線通信および一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowを用いたCCNアーキテクチャおよびルータの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Deployment of Content-Centric Networking by Using OpenFlow Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新世代ネットワーク / Future Networks  
キーワード(2)(和/英) コンテンツセントリックネットワーク (CCN) / Contens-Centric Networking  
キーワード(3)(和/英) ネットワークアーキテクチャ / Architecture  
キーワード(4)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(5)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大岡 睦 / Atsushi Ooka / オオオカ アツシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 俊夫 / Toshio Koide / コイデ トシオ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下西 英之 / Hideyuki Shimonishi / シモニシ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-17 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-19 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会