電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-16 14:00
仮想化技術の通信サービス適用に向けた検討および評価
兎耳山俊吾武智竜一阿部 哲今井隆士富士通NS2013-17
抄録 (和) 東日本大震災では、通常時の約50~60倍の通信要求が発生した。これにより音声サービスにて非常につながりにくい状況が長く続いた。この処理に必要な通信リソースを別の優先度の低いサービスから融通する事ができれば、混雑緩和につなげる事が可能となる。それを実現する技術として、サーバ仮想化技術がある。一方で、通信サービスは1拠点あたり20を超えるサーバ群で構成される。全国規模ではサーバ仮想化技術で扱うべきイメージファイルの数は膨大なものになる。このため、これらのイメージファイルを効率よく管理制御する仕組みが、通信サービスにサーバ仮想化技術を適用した場合の重要な技術要素と考える。本稿では、このイメージファイル管理制御の仕組みについて検討を行い、プロトタイプを実装し評価したので、その結果について述べる。 
(英) Just after the Great East Japan Earthquake in 2011, the call requests was generated about 50-60 times as many as usual, and those requests caused high communication traffic for a long time. However, it will be possible to relieve the high communication traffic by reducing resources of less important services, and by increasing resources for the communication services. The above system can be implemented with a virtualization technology of servers. On the other hand, Communication service is consists of more than 20 servers per base. Thus, if the above system covers all over the country, the number of image files which is used by virtualization technology of servers will be increased much more. So, the mechanism which can control those image files effectively is important for the above system. We examined and evaluated the prototype of the image file control mechanism, and suggest the result of evaluation in this paper.
キーワード (和) サーバ仮想化技術 / イメージファイル管理制御 / / / / / /  
(英) Server Virtualization Technology / Image file Management Technology / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 35, NS2013-17, pp. 37-40, 2013年5月.
資料番号 NS2013-17 
発行日 2013-05-09 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-17

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 総研大 
開催地(英) The Graduate Univ. for Advanced Studies 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング、マルチキャスト、品質・経路制御、IPNWの利用技術(P2P、P4P、オーバレイ、SIP、NGN)、ネットワークシステム関連技術(システム構成法、インタフェース、アーキテクチャ、ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア)、一般 
テーマ(英) Advanced Protocol and Network Control (Application level routing, QoS and Path Control, P2P, P4P, SIP), Network System Architecture (Interface, Hardware, Software) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想化技術の通信サービス適用に向けた検討および評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Virtualization Technology for Communication Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サーバ仮想化技術 / Server Virtualization Technology  
キーワード(2)(和/英) イメージファイル管理制御 / Image file Management Technology  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 兎耳山 俊吾 / Syungo Tomiyama / トミヤマ シュンゴ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武智 竜一 / Ryuichi Takechi / タケチ リュウイチ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 哲 / Satoshi Abe / アベ サトシ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 隆士 / Takashi Imai / イマイ タカシ
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-16 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-17 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.35 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会