電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-16 15:15
[招待講演]耐災害ワイヤレスメッシュネットワークの実証
井上真杉大和田泰伯浜口 清滝沢賢一小野文枝鈴木幹雄三浦 龍NICTIN2013-17 RCS2013-27
抄録 (和) 災害に強い情報通信ネットワークの研究開発促進に寄与するため,分散メッシュ型アーキテクチャをベースとし
た自営系ワイヤレスネットワークテストベッドを東北大学キャンパス内に構築した.このネットワークは,各ノードが互いに同期して利用者情報や経路情報を保持するデータベース機能を備えた5.6GHz 帯無線LAN によるメッシュネットワーク,およびそれに付随した利用者端末収容のための2.4GHz 帯無線LAN アクセスポイントを中心に構成され,基幹網やインターネットへの接続を失われてもローカルに災害時用を中心とした通信サービスを維持する機能とそのアプリケーション群を有する.また、距離の離れたノード間や道路や回線の被災により孤立した地域との通信を確保するための地域WiMAX回線や車載ITS 回線,さらに小型無人航空機や衛星回線による中継経路も提供する.利用者端末としては市販のIC カード読み取り機能付き無線LAN対応タブレット端末の他,920MHz 帯アクティブ無線タグを活用したGPS 受信機内蔵小型端末,屋外に設置可能な小型サイネージ端末等を用意している.各ノードへ電力供給が可能なソーラー蓄電池も提供しており,停電時における運用性などの評価も可能である. 
(英) Development of private wireless network test-bed based on de-centralized mesh architecture has been completed in the campus of Tohoku University to promote R&D on disaster-resilient networks. The network consists of a mesh network using WLAN in 5.6GHz band and WLAN access points in 2.4 GHz band. The mesh nodes have databases synchronized to each other to manage user and routing information, providing various messaging services even if the connection to the Internet or core networks gets lost under disasters. The test-bed also provides relay networks by the local WiMAX stations, ITS (intelligent transport system) devices onboard motor vehicles, a small unmanned aerial system, and a satellite, in order to connect remotely located nodes or to get a connection to isolated areas caused by the infrastructure damages under disasters. In the test-bed, user terminals such as tablet PCs with WLAN and IC card reader, handheld RF-ID terminals using 920 MHz band with GPS receiver, and small outdoor signage terminals are available.
キーワード (和) ワイヤレスメッシュネットワーク / 無人航空機 / 耐災害 / ディペンダブルネットワーク / 無人航空機システム / NerveNet / /  
(英) wireless mesh network / unmanned aerial vehicle (UAV) / disaster-tolerant / dependable network / unmanned aerial systems (UAS) / NerveNet / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 36, IN2013-17, pp. 31-36, 2013年5月.
資料番号 IN2013-17 
発行日 2013-05-09 (IN, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-17 RCS2013-27

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ワイヤレスインターネット,マルチホップネットワーク,メッシュネットワーク,ネットワーク符号化,クロスレイヤ技術,無線通信および一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 耐災害ワイヤレスメッシュネットワークの実証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration of Disaster-Resilient Wireless Mesh Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレスメッシュネットワーク / wireless mesh network  
キーワード(2)(和/英) 無人航空機 / unmanned aerial vehicle (UAV)  
キーワード(3)(和/英) 耐災害 / disaster-tolerant  
キーワード(4)(和/英) ディペンダブルネットワーク / dependable network  
キーワード(5)(和/英) 無人航空機システム / unmanned aerial systems (UAS)  
キーワード(6)(和/英) NerveNet / NerveNet  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 清 / Kiyoshi Hamaguchi / ハマグチ キヨシ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa / タキザワ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 文枝 / Fumie Ono / オノ フミエ
第5著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 幹雄 / Mikio Suzuki / スズキ ミキオ
第6著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura / ミウラ リュウ
第7著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-16 15:15:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-17,IEICE-RCS2013-27 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.36(IN), no.37(RCS) 
ページ範囲 pp.31-36(IN), pp.25-30(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-05-09,IEICE-RCS-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会