電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-16 10:10
マルチユーザ検出により衝突解決を行う予約型ランダムアクセス方式
旦代智哉鈴木 博府川和彦須山 聡東工大RCS2013-24
抄録 (和) 本報告では,マルチユーザ検出 (MUD)により衝突解決を行う予約型ランダムアクセスプロトコルの提案を行う.提案プロトコルでは,各端末がデータパケットの送信を行う前に,直交プリアンブル系列と端末IDのみから構成されるアクセス要求パケット (AP)を,予め割り当てられた短いアクセス要求送信期間のランダムに選択したミニスロットで送信する.幾つかのAPは衝突する可能性があるが,基地局はプリアンブル部に対するマッチトフィルタによりそれぞれのプリアンブルを検出し,MUDにより分離した後に端末IDを抽出する.基地局が割り当て情報を送信した後に,APの送信に失敗した端末に対し幾つかのミニスロットを付加的に用意し,それらの端末はAPの再送を行う.このように,短い期間に多くのAPが送信される状況において,MUDを用いることにより最大限にアクセス要求を取得することが可能となり,即ち,時間的オーバーヘッドを削減できる.さらに,データスロットの割り当てにおいて,基地局は効率向上を図るため複数の端末を1つのデータスロットに割り当て,受信時にMUDによりそれらを分離する.このように,MUDによるアクセス要求の短期間での最大限の取得と,MUDにより分離可能な端末の効率の高い多重割り当ての効果により,システムスループットが向上すると考えられる.提案プロトコルのスループットと送信遅延特性について計算機シミュレーションによる評価を行い,有効性を示す. 
(英) This report proposes a novel reservation-based random access protocol with contention resolution by multiuser detection (MUD). In the proposed protocol, before a user terminal (UT) transmits a data packet (DP), it transmits a small access request packet (AP) composed only of an orthogonal preamble sequence and a UT identifier (UT-ID) in a randomly selected minislot during a short dedicated period. Although some APs may collide, a base station (BS) distinguishes them by the matched filter for the preamble part and then extracts the UT-IDs after separating each AP by means of MUD. For each UT failed to transmit the AP, after BS transmits the assignment information, a small number of minislots are additionally arranged to retransmit it. Thus, by using MUD under the dense condition with the APs, BS can maximally detect the access requests in a short period and this results in a reduction of the overhead. Furthermore, in the assignment of a data slot, BS intentionally assigns multiple UTs in one data slot in order to enhance the efficiency and separates them by MUD when it receives them. Thus, by both the effect of detecting a multitude of access requests by utilizing MUD in the short period and the effect of efficient multiple assignment of separable UTs by MUD, system throughput can be enhanced. Computer simulations are performed and the results show the effectiveness of the proposed protocol.
キーワード (和) 予約型アクセスプロトコル / ランダムアクセス / マルチユーザ検出 / 衝突解決 / スループット / 送信遅延 / /  
(英) reservation-based access protocol / random access / multiuser detection / contention resolution / throughput / transmission delay / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 37, RCS2013-24, pp. 7-12, 2013年5月.
資料番号 RCS2013-24 
発行日 2013-05-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-24

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ワイヤレスインターネット,マルチホップネットワーク,メッシュネットワーク,ネットワーク符号化,クロスレイヤ技術,無線通信および一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザ検出により衝突解決を行う予約型ランダムアクセス方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reservation-based Random Access Protocol with Contention Resolution by Multiuser Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 予約型アクセスプロトコル / reservation-based access protocol  
キーワード(2)(和/英) ランダムアクセス / random access  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザ検出 / multiuser detection  
キーワード(4)(和/英) 衝突解決 / contention resolution  
キーワード(5)(和/英) スループット / throughput  
キーワード(6)(和/英) 送信遅延 / transmission delay  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 旦代 智哉 / Tomoya Tandai / タンダイ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-16 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-24 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会