電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-16 09:45
蓄電池残量に基づいたトラフィック集約による無線LAN-APスリープ制御方式の評価
後藤弘明秋元 守黄 俊翔飯塚正孝NTTRCS2013-23
抄録 (和) 近年,トラフィック量が増大するモバイルデータに対するオフロード先として公衆無線LANサービスが注目され,無線LANアクセスポイントの設置数増大に拍車がかかっている.アクセスポイントには,商用電源から給電するための電源線が必要となるため,設置箇所が制限されることになる.しかし,アクセスポイントの電力を蓄電池と太陽光パネルで供給する場合,設置自由度を高め,適用領域を拡大することが可能となる.このようなアクセスポイントでは,電力枯渇しない運用安定性と,蓄電池と太陽光パネルの小型化の両立が求められるため,アクセスポイントの省電力化が大きな課題である.本稿では,蓄電池残量に基づいて複数アクセスポイントが連携してトラフィック集約を行うことによって,スリープ制御による省電力化効果を高める手法について評価し,その適用領域を明らかにしたので,その結果を報告する. 
(英) Data traffic is growing rapidly in the mobile network and public wireless LAN (WLAN) can be used to offload traffic from mobile network. With these APs, conventional WLAN APs require to be powered by power line and limit the place that can install APs. However, APs with battery and solar panel can have high flexibility. Solar-powered APs should keep stable operation with minimized battery and solar panel. Therefore, Solar-powered APs are requested to save power. In this paper, we propose a remaining battery-charge aware sleep control method via traffic aggregation for saving power in solar-powered APs. Our method accommodates sparse traffic to a specify AP, and let other APs can enter sleep state longer. We will show the power saving effect by our method and elucidate applicable scope.
キーワード (和) 無線LAN / アクセスポイント / スリープ制御 / 省電力 / トラフィック集約 / 蓄電池 / /  
(英) Wireless LAN / Access point / Sleep control method / Power saving / Traffic Aggregation / Battery / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 37, RCS2013-23, pp. 1-6, 2013年5月.
資料番号 RCS2013-23 
発行日 2013-05-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-23

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ワイヤレスインターネット,マルチホップネットワーク,メッシュネットワーク,ネットワーク符号化,クロスレイヤ技術,無線通信および一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 蓄電池残量に基づいたトラフィック集約による無線LAN-APスリープ制御方式の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Remaining Battery-Charge-Aware Sleep Control Method via Traffic Aggregation for Wireless LAN Access Points 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) アクセスポイント / Access point  
キーワード(3)(和/英) スリープ制御 / Sleep control method  
キーワード(4)(和/英) 省電力 / Power saving  
キーワード(5)(和/英) トラフィック集約 / Traffic Aggregation  
キーワード(6)(和/英) 蓄電池 / Battery  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 弘明 / Hiroaki Goto / ゴトウ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corpration (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋元 守 / Mamoru Akimoto / アキモト マモル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corpration (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黄 俊翔 / Chun-hsiang Huang / コウ シュンショウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corpration (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 正孝 / Masataka Iizuka / イイヅカ マサタカ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corpration (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-16 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-23 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会